ぼや記

テキストサイトからBlog化しちゃった、ただの備忘録日記です。すいません。

LINEスタンプ

【ワイン好き必見】LINEスタンプ第5弾リリースのお知らせ

こんにちは、ボクです。

ビジネスエリートなら皆んな持っているLINEスタンプ(※当社調べ)、
こんにちは、ボクです」の第5弾ができました!


今回もテーマは「ワイン」


今回も前回同様、大人の嗜み「ワイン」がテーマです。

もはやワインは社会人の教養として必須のスキル。
書店にこの本が平積みされているのを目にされている方も多いでしょう。



そのワインをテーマにしたこのスタンプも、つまりは全社会人が持つべき「教養としてのスタンプ」なのであります。
こんばんワイン、ボクです2


このスタンプを持ってないと「教養のない社会人」として、(特に港区の住人から)バカにされるので、さぁ、今すぐ買いなさい。(強要)


港区のイメージ図


今回のスタンプサンプル


さて今回も、ワイン好きな方なら一度は発したことがあるであろう、あの言葉やあんな言い回しなど、選りすぐりの16個をご用意させていただきました。

例えば・・・
辛口だな


甘い


重い


なんとも表現できん


ワインのことがよくわからなくても、この辺のことを言っておけば何とかなりますよ。(えっ


その他、どちらかというとワインバー的なものがいくつか。

時間ならあるよ


とりあえず呑もっか


どちらでも


話聞こうか



この「落ち着きみ」溢れる佇まいと、短くも濃密に凝縮された言葉のチョイスから溢れ出る知性・・・。
まさに、教養としてのスタンプですね。
ぜひ、港区の皆んなと送りあってみてくださいね!


ちなみに今回、16個のスタンプを描いている途中で奥さんからApple Pencil(第1世代)をプレゼントしていただきまして、おかげで途中から一気に画力が上がっておりますww
いやもう、これは本当に魔法の描き味です。




Apple Pencilの使用有無による画力の差(※)なんかも楽しめますので、ぜひ細部まで味わってみてください。
「こんばんワイン、ボクです2」
※いやまぁ、全部Apple Pencilで描き直して仕上げろよ、っていう話なんですけども。


それではどうぞ、

ごゆっくり




P.S.引き続き、なんの情報も発信していないFacebookページもまだあります。一応。
公式FBページ

【ワイン好き必見】LINEスタンプ第4弾リリースのお知らせ

こんにちは、ボクです。

大変長らくお待たせいたしました。
クラスの人気者なら皆んな持ってるLINEスタンプ(※当社調べ)、
こんにちは、ボクです」の第4弾が、ついに完成しました。

v4_blog_tiz_banner


今回は、これまでと異なり特定のテーマがあります。
そう、この数年でボクがどっぷりとその世界にハマってしまった「ワイン」がテーマです。


オシャレですね。


さて、ワインがテーマなので、スタンプ名もちょっと、…いやかなりエスプリのきいた名前にしました。

その名も、






「こんばんワイン、ボクです」
こんにちワイン

\ステキ!!/
\オシャレ!!/
\かっこいい!!/
\センス抜群!!/
\高揚感!/
\こんばんは!/
\エスプリの意味知ってる?/




ワイン好きな方なら一度は発したことがあるであろう、あの言葉やあんな言い回しなど、選りすぐりの16個をご用意しております。

例えば・・・
だいぶ角が取れたな
まだ若い
もう少し寝かせておこう


まぁ、こんなセリフ、飲みながら言ったことなんて一回もないけど。

もちろん、日常会話で普通に使えるものもたくさんあります。
例えば・・・
機は熟した
生まれ年
ブショネ


生まれ年を尋ねることなんて週に2、3回はあると思いますし、特に「ブショネ」なんて皆さん、毎日のように使ってますよね!ね!!

うっかり、以下のような、ちょっと使い道がわからないようなものも作ってしまいましたが…
しばしお待ちを
さぁお祝いだ
お待ちしております


「しばしお待ちを」なんて、相手にちょっと待ってもらいたい時ぐらいにしか使えないし、「お祝いだ」も何かおめでたいことがあった時ぐらいしか使えない。

「お待ちしております」に至っては、待ち合わせ場所に相手より早く着いちゃった時とか、お店をやってる人がお客さんに送る時とか、何か期限付きの仕事をお願いしててそれをやんわり督促する時とか、そういういろんな使い方しか出来ないですね…。

ダイエットに成功しちゃって、もはやポッチャリともしていないボクになってしまいましたが(あと、正面からの顔が異様に縦長で同一人物とは思えませんが)、よろしければ、これまで同様ぜひご愛顧いただけると嬉しいです。

スタンプはこちら→「こんばんワイン、ボクです」

なんの情報も発信していないFacebookページもありますので、よろしければ覗いてみてください。
公式FBページ


それでは、このブログのいつもの締めの挨拶でお別れです。

皆さん、楽しいワインライフを!!



P.S.
LINEスタンプとWINEスタンプって、1文字違うだけでそっくりですね。
まぁそれを言い出したら、FINEスタンプ(素晴らしいスタンプ)とかNINEスタンプ(9つのスタンプ)とかJINEスタンプ(あったら欲しい!)とか、キリがないんだけど。

あ、いや、キリはあるんだけど。

LINEスタンプ第3弾リリースのお知らせ

こんにちは、ボクです。

1億人に1人とも言われる非常に珍しい病気、「毎年8月になるとLINEスタンプをリリースしたくなる病」が今年も発病してしまいまして、当ブログ公式スタンプ第3弾「こんにちは、ボクです・シーズン3」をリリースいたしました。

v3抜粋


この、「毎年8月になるとLINEスタンプをリリースしたくなる病」の厄介なところは、(一般にはあまり知られていませんが)8月時点での症状がその年によって異なる、というところです。

最初にこの病気を発症した2014年は、【8月にスタンプを公開】という症状でしたが、発症2年目(昨年)は【8月にスタンプを作りたくなる】という症状が現れ、そこから作り始めたため、実際の公開は11月でした。

そして発症3年目の今年は、初年度と同じく【8月にスタンプを公開】という症状が現れ、本日ここにリリースを発表させていただく運びとなりました。



この病気はまだ発症者の絶対数およびその症例が少ないため、なぜ初年度と3年目で同じ症状が出るのか、それは偶然なのか、あるいはまた、他の症状(例えば【8月に作りたくなって8月に公開してしまう】という合併症など)が存在するのかなど不明な点が多く、まだまだ医学や医療技術の進歩を待たねばいけない状況で、ボクとしても何とかうまく付き合っていくしかない状況です。

カプセル錠剤


ただ幸いなことに、発症しても何ら命に別状はなく、人様や地球環境に迷惑をかけるような症状は出ないし、世界的にもそういった症例は報告されていないそうです。
しかし逆に、発症者の絶対数の少なさと深刻度が限りなくZEROに近いが故に、この病について研究する医療関係者がおらず、また製薬会社も新薬開発コストの回収見込みが立たないためいつまでも放置されている状態のため、恐らく今後数世紀に渡って積み残される課題になると、医療アナリストは分析しているそうです。




というわけで、すみません、いろいろとご心配をおかけするような報告となってしまいましたが、最後にボクの元気な様子を掲載しておこうと思います。


皆さん、ボクに、こう尋ねてください。

「kashi57move、なんか珍しい病気になっちゃってるみたいだけど大丈夫?」


いいですか?
はい、せーの。



kashi57move、なんか珍しい病気になっちゃってるみたいだけど大丈夫?






35






というわけで、シーズン3もよろしくお願いいたします。



おまけ:リジェクトされた幻のスタンプ


今回、初めてリジェクト(LINE側の審査でNG)されました。
対象はこちら。

25_ng


理由は、以下に該当するとのこと。
3.12.宗教、文化、民族性、国民性を攻撃し、または特に不快感を与えるもの


分かったような、分からないような・・・。
不快感を与えるんだろうか・・・。

まぁ、海外(日本人以外)のクリエイターが「七三分けでスーツ&メガネの男性が土下座して『反省しております』」っていうのを描いてきたら…って想像するといいのかな。。

結構、高尚なイメージで描いたつもりだけど、受取り手の解釈次第だし、仕方ないかぁ・・・


あと、もう1つ。
お客さまに申請いただいたスタンプは、世界の異なる文化・習慣の観点より
販売国を限定していただく必要がございます。

お手数ではございますが、販売エリアにて「選択したエリアのみ」を選択し
インドネシアを削除のうえ、再度リクエストをお願いいたします。

おいおい、インドネシアっていうと、結構ボクのスタンプが使われてる国だぞ…
ただこれは、どのスタンプがNGなのか、という理由がまったくわからず、泣く泣く外しました。
せめて理由ぐらい教えてほしいよね…
(ひょっとして、コレか…?)
30

(参考記事:日本を蹴り中国を選んだツケ。着工すらできぬインドネシア高速鉄道

で、ググってみたら同じようにリジェクトされた方がいて(LINEスタンプのリジェクト「インドネシアを削除して」の理由)、それによると「インドネシアはイスラム教信仰者が約87%で、イスラム教は飲酒、豚肉禁止、左手での食事禁止…辺りが原因か?」と分析されてました。
あと、肌の露出禁止っていうのもあるけど、でもそれは女性だけっぽいんだけど…とか。

ふむふむ…。
該当しそうなものといえば・・・
23

24
飲酒禁止に触れた?

29
肌の露出禁止に触れた?


という辺りなのかな?





というわけで、まぁ、なんかいろいろLINE審査チームさんにもご迷惑をおかけしまして、あらためまして上記含め、



25





Facebookページもよろしくお願いします。
公式FBページ

LINEスタンプ第2弾リリースのお知らせ


こんにちは、ボクです。

大変お待たせいたしました。
全世界待望、当ブログ公式LINEスタンプ
こんにちは、ボクです
の第2弾がリリースされました!
パチパチパチ!

こんにちは、ボクです・シーズン2
ボクですシーズン2


今回は、こんな感じの40個セットです。
v2一覧


第1弾は「一切セリフなし」というポリシーを貫いたスタンプで、皆様から「いつ使えばいいのよ」とたくさんのお誉めの言葉をいただきましたが、今回は結構セリフあり。ポリシーとかクソくらえだぜ。

さぁ、これで「セリフがないからちょっと…」と購入をためらっていた方は、
買わない理由がなくなりましたね!

さぁ、今すぐ買おう!
あとで買おう、なんて思わず、今すぐ!
早く!
今!
早くココをクリック!




すいません、取り乱しました。




いやもう、ポリシー曲げてセリフ付けたんで、これで全然売れなかったらさすがにスタンプ・クリエイター諦めます。

ウソです。
もう第3弾の制作中です。
LINEv3-2
(シーズン3の1コマ)


ちなみに今回のシーズン2では、今年の4月に見事「スタンプ第2弾の登場権」の抽選に当たったボクの友人が登場していますので、ひとつだけ別人(イケメン)が混ざってます。
こちらもご愛用いただけますと幸いです。

審査期間、激変


第1弾を出したときは、申請からリリースまで丸2ヶ月かかりましたが、今回は、

金曜日の夜に申請:審査待ち
火曜日:審査中
水曜日:承認

というわけで、営業日ベースでカウントすると、
月〜水の実質3日での超スピード承認。
すごいぜLINE!
審査チームを増強したってことは、
クリエイターズ・スタンプでも相当儲かってるんだなぁ…!


こうなってくると俄然やる気が出てまいりまして、
第3弾もなるべく早く仕上げていくつもりなので、
「俺も出たい!」
「私もスタンプになりたい!」
という方は、お布施を持ってご連絡くださいw


では、シーズン2も皆様にご愛用いただけることを夢見ながら、
今宵は祝いの酒でも呑もうかと思います。
3



シーズン2、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

オリジナルTシャツ販売開始のお知らせ

こんにちは、ボクです。

先日、第一報としてお伝えしていた通り、超絶大人気の当ブログ公式LINEスタンプ「こんにちは、ボクです」のオリジナルTシャツがいよいよ販売開始となりました。

以下、報道発表文(妄想)からの引用です。

人気LINEスタンプ「こん(中略)です」のオリジナルTシャツを販売開始

月間1万アクセスを誇る絶賛大人気ブログ「ぼや記」は、大好評発売中の公式オリジナルLINEスタンプ「こんにちは、ボクです」で社会現象的人気キャラクターである「スター」が着用しているTシャツを、渋谷の流行発信基地であるぼや記公式ショップ「ぼや記広告社」にて独占販売する契約を締結し、本日より販売開始いたしました。

限定先行配布したTシャツの着用者からは以下のような喜びの声が届いています。
「大好きなミュージシャンのライブに着ていったら、なんか浮いた!」
「選挙にこのTシャツのペアルックで行ったら二度見された!」
「でもディズニーにこのTシャツのペアルックで行ったら、意外と馴染んだ!」
「IKEAに着ていったらうっかり20万円ぐらい使っちゃった!」
「ジムで、いつも持ち上げてるバーベルを、いつも通りの重さで持ち上げることができた!」
「夜のメニューの仕込みの際に、汚れを気にしないで良くなった!」
「湖畔でのランニング後に脱いで、そのままどこかになくなった!」
「っていうか人気ブログって言えるのは、月間10万アクセスからだよね!」
「月間1万アクセスだと、やっと『脱・ビギナー』というところですかね(参考)』

このように多くの体験ユーザーが成功と興奮をその手にしています。さぁ、あなたも今すぐ最善で最高のTシャツを手に入れ、不要な心配や、あなたの心を疲弊させる悩みから解放されてください。

発売日:2015年10月14日頃
価格:3,300円(送料および税込)
販売:ぼや記広告社
販売期間:2016年3月頃まで


ぼや記広告社では初の物品販売となりますが、今回の試みについて担当者は
「季節はすっかり秋。肌寒さを感じる日々となり、Tシャツ1枚で過ごす人がいなくなる今の時期だからこそ、あえてTシャツで勝負したい。きっとこのTシャツを購入した人は、寒空の下、このTシャツ1枚で外に出て、その様子をInstagramすることでしょう。それらは連携するFacebookを介して瞬く間に世界中にシェアされ、その写真はPinterestで多くのピンを集めます。その頃にはライセンス提携が終わっているであろうricoriの店頭販売と絡めたオムニチャネルの展開によりコンテンツマーケティングを効かせたオウンドメディアの相乗効果とプログラマティックバイイングによりウェブルーミングは前年比250%増となる見込みです。そう、これは一種のEC革命です。」
と鼻息荒く意味不明なこと長々と語っています。

また同担当者によると、「このTシャツを店頭にて販売してくれる店舗様を大至急探しております。店頭販売しても良い、店内にスワローズのユニフォームと並べて飾ってもよい、店の制服をこのTシャツにしてもよい、という店舗様は、アパレル、飲食、不動産、家庭教師、ネオヒルズ族等、職種を問わず大至急、伝書鳩でご連絡ください」とのことで、販売初日から狼狽した様子を見せています。

さらに、今回の発売を記念して「BE THE STARキャンペーン」を開催するとのことで、最高にイラッとくるポスターが届きましたが、キャンペーンだからといって、特に何か特典等があるわけではないようです。
BE the STAR


それでは最後に、筆者の手元に送られてきた写真をご紹介して結びとさせていただきます。

shop3
楽しそう!


おまけ


完全先着順で何名様かには、このチラッと見えてるアレをプレゼント(同封)します。
チラリ

アレっていうか、まぁ、シールですね。
調子のって作っちゃった。

注文状況によって、お一人様あたり20枚ぐらいシールが同封されている可能性もあるので、その辺も覚悟の上でご注文ください。
(ちなみにこのシールはMac Bookにしか貼れません。気持ち的に)

それでは、お待ちしております

「こんにちは、ボクです」オリジナル・グッズのお知らせ

こんにちは、ボクです。

地味に毎月2〜3個のダウンロード数を誇る超絶人気LINEスタンプ「こんにちは、ボクです」のグラフィックデザイナー兼アートディレクター兼クリエイティブ・ディレクターを務めるという関係者から、ファン待望のオリジナルグッズが今月下旬を目処にリリースされる、との情報を入手しました。

今日は、この関係者と特別なコネクションをもつ本誌記者が、独占取材により入手した詳細情報をお届けします。

グッズその1:STAR Tシャツ


STAR
LINEスタンプ「こんにちは、ボクです」の中でも一番人気を誇る、スター。

その彼が着ているSTAR Tシャツは、「A」には星マーク、「R」にはハートマークをあしらったデザインで、公開直後から多くのファンを虜にしている。

4月にイベント企画として完全限定生産した90枚は一瞬にして1枚残らずなくなってしまうほどの人気ぶり。
今回、ついにこの公式Tシャツが販売開始となるそうだ。

大胆にも日中の表参道でシューティングした、というプレス用写真を見ると、オシャレでハイソで爆買い中国人客だらけのショッピングビルの風景にもピタリと馴染んでいるようだ。
Tシャツ1
モザイクで分かりにくいが、あの超有名モデルが着用している。モザイクでわかりにくいが。

もちろん、街中でだってオシャレに溶け込んでいる・・・どころか、オシャレ界をリードしてさえいることが見てとれる。
Tシャツ2
モザイクで分かりにくいが、道行く人の視線を独り占めしている。モザイクでわかりにくいが。

そしてなんと、あのトニー・スタークも着ていたとかいないとか(参照:ダンボールマン)。
Mark1s
トニー・STARク

サイズ展開はS・M・L・XLで、価格は3,000円前後になる予定とのこと。

オシャレに敏感なあなたら、少なくとも10枚ほど購入しておいても損はないはずだ。


グッズその2:カードスタンド


「LINEも楽しいコミュニケーションツールですが、私たちは、旧来より長く人々の心の交流を手助けしてきたカード文化も愛しています。手書きだったり、何か工夫をこらしたカードは、送り手も受取手もハッピーな気持ちになりますよね。」
そう語るのは、先述のグラフィックデザイナー兼アートディレクター兼クリエイティブ・ディレクターを務める関係者だ。
物腰柔らかい口調ではあるが、その視線の先には、デジタルでもアナログでもキャラクタービジネスを着実に展開していこうというしたたかな戦略が垣間見える。

関係者は続ける。
「このカード文化を愛する気持ちを表現するために、2分ぐらい構想を練り、5分ぐらい試行錯誤して開発まで辿り着いたのが、このカードスタンドです。」








スタンド1

スタンド2

カードを足にひっかけ手で支えるというスーパーウルトラ・フットポイント・ハンドサポート構造になっており、ちょっとしたカードであれば、まったく問題なく支えることが出来るという。
スタンド3

スタンド4


また、別売りでパワードスーツ・オプションも開発中とのこと。
スタンド着せ替え1

こちらを装着すると、パワードスーツの機能により、ノート程度であっても軽々と支えられるようだ。
スタンド着せ替え2

スタンド着せ替え3

スタンド着せ替え4

ただしこちらのパワードスーツオプションは、版権の問題があるため販売までの目処は立っていないとのこと。それはそうだろう。

さらに注意事項として、関係者が補足してくれた。
「こちらの商品は手頃な厚みを持ったダンボールが手に入り次第の制作開始となりますので、納期をお約束できません。また、配送時に雨が降っていると、かなりの確立で使い物にならない状態になっています。」
とのことだ。

購入の際は、天気予報もチェックしておくのが良さそうだ。


購入方法とまとめ


ブログ「ぼや記」の広告枠を販売している「ぼや記広告社」にて販売する予定で、時期は冒頭にお伝えした通り9月下旬を目処に販売開始したい、とのこと(参考記事:試しに広告枠を作ってみました。
ちなみに先ほどから登場している関係者によると、既に販売している広告枠について、「まだ1件も売れていないが、問合せベースでは興味をお持ちいただいてる雰囲気が漂い始めており、年内には1億円の売上を見込んでいる」と強気だ。

また、今回のグッズ販売については「半分冗談だが、半分本気でもあるので、どうか生暖かい目で見守って欲しい」とのことなので、読者の皆さんはぜひ勇気を称えてやってほしい。そして、財布の紐を少しだけ緩めておいてあげることをお願いする次第である。

自作LINEスタンプが公開されてから2ヶ月経った話

こんにちは、ボクです。

先月の初めにリリースしました当ブログ公式LINEスタンプ「こんにちは、ボクです」ですが、おかげさまで数多くの方にご利用いただき、「このスタンプ、いつ使ったらいいのか全然わかんない」という大変な高評価をいただいております。誠にありがとうございます。

使い方に悩む
いったいこの扇風機に当たってるヤツや甲冑を着たヤツはいつ使えば…?



このスタンプは基本的にシュールな図柄が多いので、送信者、および受信者側に遊び心というか、ある一定以上の笑いのセンスを要求する高度な仕様となっているのが、「全然わかんない」という感想を産んでいるのでは、と、LINEクリエイターズマーケット上級アナリスト(を自称するボク)が分析していました。

特に今回、このスタンプには昨今のデザイン界において世界的スタンダードとなりつつある、JKSRi-SHデザイン(受信者側に高度なセンスと理解力がないと真価を発揮しないデザイン:Jushinsya-gawa-ni Koudo-na Sensu-to Rikairyoku-ga-naito Shinka-wo Hakki-sinai Design)を採用しているため、「セリフつき」等のわかりやすいスタンプと比べると、利用者の知的創造力のレベルを強く要求するデザインとなっています(涙目)。

そんなこともあってか、やはりどうも一部のソフィスティケートされたエグゼクティブ層にしかご利用をいただけていないようでありまして、8月5日にリリースされて現在まで約2ヶ月弱の売上トータルは3,819円。これガチ金額です。

売上状況の推移ですが、他の作者さんもよくおっしゃるように、人気スタンプとして定着しない限りは最初にパッと売れて、後はほぼ売れないという動きです。
売上グラフ

最初のリリースの後、ちょこちょこと小さな山がありますが、これは完全にボクが対面営業した結果ですw

仕事の打合せ等で会う人や友人・知人にカードを渡してガンガン営業。
「LINEスタンプ作ったんですよ〜」
(名刺サイズのカードを差し出す)
LINE名刺

「え〜!スゴイですね」
「たったの100円なんでね。えぇ。たったの100円」
「へ〜、あ、自作スタンプって売れるんですね」
「そうなんですよ、ここからこうやって買えるんですよ」
「はぁ、なるほど〜」
「・・・。」
「あ、スゴイですね〜(あれ、これ買わないといけないのかな…)」
「たったの100円なんでね。えぇ。たったの100円」
「あ、はい、今、買いました(なんだよマジ買わされたよ!)」


いやー、ホントにありがとうございます。

ちなみに1個売れると、だいたい37円が作者の手元に入りますので、これまでに約100名のエグゼクティブの方々にご購入いただけた計算になるかと思います。

ただ、LINEとの折半後の金額が10,000円を超えないと実際には作者の手元には入ってきませんので、あと170名ほどのエグゼクティブの皆さんに購入していただかないと、結局ボクの手元には1円たりとも入ってこない、という寸法であります。
いやまぁ、お金稼ぎを目的としているわけではないのでいいんですが、何となく、ブルジョワジーとプロレタリアートな関係が見えてやっぱり涙目になりますよね。

世の中には、「55.5%が売上1万円超え!LINE自作スタンプ成功の鍵とは? 実は表示に盲点あり!」というようなニュースも流れておりますが、「半分以上が1万円超えだと…?こんなのウソだ!」と日々自分に言い聞かせている次第であります。

ちょっと面白い統計情報


まぁそんなことはどうでもいい情報だと思いますので、ちょっと話題を変えまして。
統計データなど見ていると意外なことが分かったりして面白かったので、お詫びに身を削ってご紹介します。

LINEスタンプは販売エリアを選べるんですが、ボクは「販売可能なエリアすべて」を選んでいます。
そこで何気なくエリアの統計情報を見てみたら、意外な事実が。
マーケット




え?


なぜか、タイで人気ww

まぁ、受信数が多いだけなので「タイで売れている」という訳ではなく、タイに友人がいる心優しい方々が送ってくれているんだと思いますが、それにしても受信数が日本より1000も多いw

まったく行った事もない国で、ボクがボク自身をモチーフにしたスタンプが使われていたり見られたりしているというのは、何とも不思議な気分です。

ひょっとしてボク、タイに行ったらスーパースターなのかな…
こうなったら完全ローカライズ戦略で・・・



社長!
ol
kashi57move社長〜!




はい、タイの皆さん、

สวัสดี นี้เป็น ของฉัน
(こんにちは、ボクです!)

タイ版




以上、普通の素人が普通にLINEスタンプに手を出してみた結果の現場から、kashi57moveがお伝えしました。
雨風


上のような第2弾スタンプ案公開中なんでね。見てね(涙目)。
公式FBページ

LINEスタンプを作ってから公開されるまでをダラダラと書きます

こんばんは、ボクです。

先日書きました通り、ド素人ながらLINEスタンプ「こんにちは、ボクです」をリリースしましたので、まだまだこのネタでウザいぐらいに引っ張りますよ!

今回は、誰にも頼まれてないのに「作成からリリースまでの道のり」を何となく書いてみます。
めちゃ長いです。

※ちなみに、別に絵を描く仕事をしているわけではないホントの素人なんで、ちゃんとやりたい方はプロとかセミプロの方の記事等をググって参考にされると良いかと思います。

目次


・スタンプを描いた環境と方法
・Adobe Ideasでのスタンプの描き方
・審査基準をチェックしておく
・描いたイラストをPCへ移す
・サイズ修正と透過PNG
・スタンプ登録から公開まで
・そもそもの動機
・今後のリリースについて


スタンプを描いた環境と方法


スタンプを描く方法はいろいろとあると思いますが、ボクはとにかく手持ちの環境で安く済ませることにしました。
使ったものは以下。

  • iPad(しかも初代)

  • スタイラス(タブレット専用ペン)

  • Adobe Ideas(無料お絵描きアプリ)

  • Adobe Creative Cloud(の、無料ストレージ)

  • Windows(Mac Book Air上のParallesで動いているWin8.1)

  • Photoshop CS2(無料ダウンロード版)



大まかな手順としては、
(1)iPadにインストールしたAdobe Ideasを開いて、スタイラスでスタンプの絵を描き、
(2)Photoshopを使ってリサイズおよび背景を透過させたPNGに変換
という感じです。

Adobe Ideasでのスタンプの描き方


ボクの描いたスタンプは、ご覧いただいて分かる通り線がハッキリしていて、色をベタ塗りしたイラストです。
39


なので気をつけている点は、とにかく絵の輪郭の線がきっちり表示されていること。

Adobe Ideasはレイヤーを使えるので、一番上のレイヤーに黒でイラストを描き、その下にあるレイヤーに色を付けることで、線が色に隠れてしまわないようにしています。

また、結構コントラストをきつめに影を付けていますが、影もレイヤーを分けて描いています(失敗した時にやり直しやすいように)。

レイヤー分けサンプル

こんな感じで、レイヤーを失敗した時にリカバリが効く範囲のまとまりで分けて仕上げていきます。

ちなみにスタイラスは、最初これを使っていたんですが、
ELECOMiPhone/iPad用タッチペン AVA-PA10TPBK
エレコム (2010-08-31)
売り上げランキング: 5,322

ボクの筆圧が強すぎて、消しゴムのようにボロボロとカスが出るようになり
最終的に先端が決壊してしまったので、現在はこちらを使っています。


レビューでめっちゃ酷評されていますが、保護フィルムを貼っていないiPadで使っている分には、反応が悪いってことはありません。

ただ書き心地は先代の方が断然良かったかなぁ、という感じです。先端の強度とサラサラ感はそこそこ満足してますが、他のも試した方が良いと思います(^^;


審査基準をチェックしておく


自作スタンプだからといって、当然ながら何でも描いて良いわけではなくて、レギュレーションがいろいろとあってLINE側の審査が入ります。

ググるとクリエイターさん達が審査に引っ掛かった(リジェクトされた)スタンプの絵を公開してくれてたりしますので、攻めのスタンプを作ろうと思っている場合は事前に
「どこまでなら大丈夫そうか」
ということを確認しておくと良いと思います。
(リジェクトされた場合、なぜダメなのか、というところまで指摘してくれるようです。LINEさんステキ)

LINE CREATORS MARKET】LINEスタンプ審査基準まとめ&よくあるリジェクト理由

描いたイラストをPCへ移す


完成したら、今度はサイズ調整と透過PNG化するために、描いた絵を(ボクの環境の場合は)Windowsにもっていかないといけないんですが、その際に超絶便利なのがAdobeがストレージを2GBまで無料で提供してくれている「Adobe Creative Cloud」。

Adobeに無料アカウントを作り、Adobe Ideas、および使用するPCでAdobe Creative Cloudにログインしておけば、描いたイラストファイルをクラウド経由ですべてのデバイスで同期できてしまいます。
これで、iPadで描いたイラストを即座にPC側で開けるようになります。
素晴らしい。ナイスクラウド。
adobe_cc_file

adobe_cc_file_dl



サイズ修正と透過PNG


サイズ修正と透過PNG作成には、Photoshop CS2を使いました。諸条件を満たせばダウンロードできます(条件や注意事項はこちらの記事で分かりやすく紹介されています)。

フリーの高機能レタッチソフトGIMPでもいいんですが、透過させた時に輪郭の処理が雑で、Photoshopで処理した場合と雲泥の差でした。
(ちなみに、Photoshop5等の超絶古いバージョンの場合、PNG化するときに色が256色に減衰されるので、色味がオリジナルとだいぶ変わってしまいます。最初からセーフカラーで作っているなら良いと思いますが、微妙な色使いをする場合はお勧めしません)

サイズ修正
LINEのガイドラインに沿った縦横サイズのファイルを新規作成し、そこにイラストをペースとしてサイズ調整しました。

細かいTipsとしては、Photoshopでスタンプ用画像ファイルを新規作成する時に、最初にLINEスタンプのサイズに値をセットした形でプリセット登録しておくと便利です。
ps_line_custom


透過PNG化
透過させたい部分を自動選択ツールで範囲選択しておきます。
select


「ヘルプ」メニューから「透明画像の書き出し...」を選択するとダイアログが開きます。
ps_touka1
「透明にする範囲を選択中」を選んで「次へ」

ps_touka2
「オンライン」を選択して「次へ」

ps_touka3
「PNG」を選択して「次へ」

ps_touka4
これで保存すれば透過PNGファイルが完成。


スタンプ登録から公開まで


ここが一番長く感じる時期です。
ボクは、6月8日の夜8時頃に審査リクエストを申請しました。
そこから待つこと10日。
6月18日に「審査中」になり、やっと審査が始まりました。

他でも既にたくさん書かれていますが、審査には数ステップあるようで、「審査中」のステータスはしばらく変わりませんが「アップデート」欄を見ていると日付は更新されていきます。

ボクの場合、6月21日に1回目のアップデートがありました。
意外に早い!と思っていたらそこから約2週間ピタッと更新が止まり、
7月4日にようやく2回目のアップーデート。
7月10日、3回目のアップデート。
7月11日、4回目のアップデート。
7月13日、5回目のアップデート。

おぉ!このペースで行くと意外に承認も早そう!
と思ったこの日からが、一番待たされました(笑)。

月も変わった8月4日、ようやく「承認」。
リジェクト(却下)なしでも実に丸2ヶ月。

承認されたら、あとは管理画面で「リリース」というボタンを押すといよいよ販売開始となります。
文字通り「うひょー!!!」と言いながら21時にリリースボタンを押しました。

「数分かかります」というメッセージが出るんですが、
「とか言いながら1分もしないうちに販売開始されちゃうんでしょ?LINEさんたら控えめ!謙虚!」
と気分はすっかりリリース完了モード。

ところが、1時間経っても販売が始まらない。
(正確には、リリースしたスタンプ専用のページがいつまでたってもエラーで「アイテムが見つかりません」と表示される)
line_notfound


まぁ、そんなこともあるのかなぁ…と思いながら結局その日は販売されることなく、翌朝へ持ち越し。
ところが、翌朝9時なっても販売開始されない。

LINE社内では数時間のことを数分と言うのか?
否。あのスピード経営の企業に限ってそんなことはあり得ない。
これは何かトラブってるに違いない。

というわけで、ここから問い合わせメールを投げてみました。
正直、最後の最後でまた待たされて(リリースボタンを押してから販売開始されるまでの時間は恐ろしく長く感じる)、若干イラだってはいたけれど、LINEさんだってボクみたいなド素人からいろんなイラストが大量に送られてきて、それをいちいち審査しないといけないから、きっと超大変。
なので、あくまで感謝の気持ちを込めて極めて紳士的に問い合わせ。


その紳士的な態度が功を奏したのかどうかわかりませんが、そこから数時間後、気付いたらリリースされていました!

このたびはご不便をおかけして申し訳ありません。
ご連絡いただいておりました件について、修正が完了いたしました。
現在は正常にご利用いただけるかと存じますので、ご確認をお願いいたします。

と問い合わせに対する返信がきていたので、まだシステムに不具合等が潜んでいるんでしょうね。
もし同じような状況の方がいたら、問い合わせてみる事をオススメします。

そんなこんなでようやく、発表させていただける状態となりました。
いや、長かった…。


そもそもの動機


ところで、ボクがなぜLINEスタンプを作ったのか、という一番つまらない話をしますが、ボクは昔から「絵が上手い子」として学校の先生や同級生から認識されていた子供でした。

たぶん今頃、同級生の間ではこんな会話がされていることでしょう。
「kashi57move君って覚えてる?」
「え?誰・・・?いた?」
「ほら、何か絵が上手い子いたでしょ」
「あぁ〜・・・なんかマジメそうな?」
「そうそう」
「顔は思い出せないけど、なんかいたねー」


(泣)


まぁそんなわけで、中学生の頃はルーズリーフにスラムダンクやドラゴンボールの絵を描いたら先輩が500円で買ってくれる、という夢のような出来事もあって、「絵で食っていきたい」と思ったりもした時期があったんですが、すぐさま「絵では食っていけない。現実はそんなに甘くないのだ」と諦めて、今に至っています。

ただ、やっぱり自分が描いた絵というものを皆が見てくれたり、それをおもしろがったりしてくれると、何とも嬉しい気持ちになります。

なので何か発表の場が欲しくて、たまにこのブログでも描いたりしてはいますが、それはあくまで挿絵というか、文章の補助的役割なのでちょっと違うな、と。

そんな時にLINEがスタンプをオープン化する、というニュースを昨年末だか年明けだかに目にして、すぐさま「これだ!」と。
これなら、スタンプではあるけど、ある種イラストのセットとして作品の形で発表できる(しかも販売まで出来る)。

というわけで、正直、売れる売れないは特に考えていなくて(そもそもプロの方もいるこの乱立状態の中で売れるとか、結構ムリ)、とにかくちょっとでも皆さんに見ていただいて、クスッとしてもらえたら本望!なのです。

とはいえ当然、買ってもらえたらめっちゃ嬉しいですけどw
(すぐさまお買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございます!)


動機は、そんなところです。



えっ、なに、そのスッゲーつまんなそうな顔。


今後のリリースについて


とまぁ、とにかく売れようが売れまいが勝手に描いていきたい感じなので、(先日書いた通り)第2弾も描き始めていますが、早くもネタ切れ気味です(^^;

というわけで、皆さんのお力を貸していただけるととても助かります。

具体的には、(調子こいて)Facebookページを作っておりまして、そこに第2弾のスタンプ候補のイラストを、完成次第、随時アップしています。
line_stamp2_candidate
サンプル

以下で公開しています。
公式FBページ


これを皆さんに見ていただいて、評価の高い(「いいね」が多い)TOP 40を次回リリースしようと思っていますので、まずは上記FBページを「いいね」していただいて、ぜひ、お気軽にアンケートにご協力をいただけますと嬉しいです!
(今のところ、このFBページへの「いいね」の数は5,6個ぐらいしかないので、なかなか勇気がいると思いますが、そこはもう思い切って!)


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

ぼや記公式!LINEスタンプをリリースしました【自粛スタンプもオマケ公開】

こんにちは、ボクです。

当ブログの公式LINEスタンプが出ました!
banner640

http://line.me/S/sticker/1007865

このブログにちょいちょい登場する「ボク」をモチーフに、
仕事の合間や就寝前等、それこそ寸暇を惜しんで描き続け、
永遠とも思えるような審査期間を経て、
ようやくリリースできました。

基本的に「ボクが使いたいもの」という内容なので、
果たしてボク以外で使いこなせる人がいるのか
皆目見当もつきませんが、使いこなせなくても
何でもいいから、

とにかく買ってね!
(缶コーヒーより20円も安い!)

スタンプ詳細


スタンプタイトルは、「こんにちは、ボクです」です。
header


こんな感じの40個セットです。
body


個人的に気に入っているのは、「扇風機」。
30



全スタンプ、あえて「セリフ」等の文字は入れていません。
その方が何かと使いやすいシーンが多いかと思いましてね。

たとえば・・・
ライン

ね?
テキトーに受け流す爽やかに答えるのがカンタン!


では最後に、
描いたものの、絶対に審査でNGになるだろうから
自主的にボツにした自粛スタンプ

をここに公開し、
公式スタンプのリリース発表と変えさせていただきます。







ビ◯クリマン・神帝風スタンプ
ビックリマン風スタンプ

神帝のくせにヘッド気取りでキラ背景。
さすがボク。
(参考:神帝たち

買い方


こちらがスタンプのページなので、ここから購入してもらうのが一番カンタン。
https://store.line.me/stickershop/detail?packageId=1007865

スタンプショップから買うなら…

1.「その他」で「スタンプショップ」をタップ
買い方1


2.画面を下にスワイプすると検索ボックスが出てきます。
買い方2


3.「こんにちは」と入れて検索、検索!
買い方3


4.買う
買い方4


5.ともだちに送りまくる


というわけで、よろしければぜひ使ってみてください!


今後


ペースは格段に落ちてますが、第2弾を制作中です。
が、早くもネタ切れを起こしています。
「こういうのが欲しい!」
「セリフ付きも欲しい!」
「かっこいい!」
「抱いてほしい!」
等あれば、どしどしコメントください。


もし「ウチの店のスタンプも作ってくださいよ〜」という方が
いらっしゃいましたら、破格のぼったくり価格で対応させていただきますので、
覚悟してお問い合わせください。