ぼや記

テキストサイトからBlog化しちゃった、ただの備忘録日記です。すいません。

東方神起

【Bigeastオジサン】まさかの引退

こんにちは、Bigeastオジサンです。

東方神起ファンクラブ会報、届きましたね!
今回、DVDが無くて大ショックを受けているオジサンであります。

まぁネットに動画があるから、それを観ろって話らしいんですが、どうもこうCDで育ってきた世代なもんで、特別なものは「所有したい」っていう意識が働いちゃうんですよね…。

で、皆さんも同じだと思うんですが、開くとまず最終ページを見ますよね
週刊少年ジャンプだったら、ジャンプ放送局から読んでましたよね?
雑誌だったら「編集後記」、小説だったら「あとがき」から読みますよね?

さて、最終ページを開いたボク、衝撃を受けました。
大いに衝撃を受けました。
とんでもない事件が起こっているじゃないか・・・

T郎とT美が引退だと?
T郎とT美引退


おいおいおいおい・・・・
これまで3年間ぐらい?、我らが東方神起に微妙に密着してレポしてくれた、オジサンの密かなアイドル、心のオアシス、シュールの神さま、T郎とT美が引退だなんて…

しかも、
こんな暗がりの小さなスペースで!!!
百歩譲って紙面の都合で小さくなってしまうのは仕方ないかもしれないけど、何もこんなに暗がりにしなくたっていいじゃないかぁっ!!!

・・・え?
それは、こっちのさじ加減・・・?

うるさい!!


新レポーター


これからは、TBがレポするそうですよ…
はいはい、発表した時のファンミ、ボクも参加してましたよ。
もう、ベースにテディベアを持ってくる辺り、金の臭いしかせんわ!!こわっぱ!!!
キャラ設定も、素人臭ぇしなぁ・・・(ユノとチャンミンのキャラを適度に盛り込んでる)

もっとこう、「背中に5cmだけ謎のチャックがある」とか「左の鎖骨だけ折れやすい」とか、オジサンにもグッとくる設定をさぁ・・・。

まぁ、超絶マイナーなオジサンを相手にしてたら商売にならないのはごもっともなんですけどね。
わかってますよ、わかってますけど、、、、

オジサンは今でも断然、T郎とT美派です。


あと、ヒストリーDVD「We are T 〜Second Memories〜」の到着が楽しみです。
オジサンからは、以上です。

【Bigeastオジサン】入隊する人、退所する人

お久しぶりです、Bigeastオジサンです。

涙、涙のWITHツアーでは、大阪への遠征、そして東京でセミ・ファイナルとファイナルに参戦し、その後Bigeast限定ファンミーティングにも参戦し、後方最前列でユノを60cmぐらいの距離で見たのに、その辺、全然報告せずにマジでゴメンナサイ。

そうこうしている間にユノに続いてチャンミンも兵役に行ってしまいました。

いよいよこれから2年間、彼らのパフォーマンスを見ることが出来なくなってしまったわけですが、先日、ちょっと気になるニュースを耳にしました。

ジャニーズ事務所が田口の退所を発表 KAT-TUN解散は否定

KAT-TUNの田口くんと言えば・・・
taguchi
田口くんと言えば・・・
taguchi2
田口くんと言えば。
taguchi3



我らがチャンミンとして有名ですね。
choosychangmin
ドーン!!


いやぁ、ホント怖いぐらい似てますね。

気になる田口くんの去就


そんな田口くん、退所後について特に説明がないらしく、なんだかんだと憶測が流れているそうですが(詳しくは知りませんが)、思ったんですよ。
ボク、思ったんですよ。


チャンミンが兵役に行ったこのタイミングで、この発表。
すぐさまピーンと来ましたよ。
あっという間に分かりましたよ。

彼は、チャンミンが抜けた穴を狙って「チャソミソ」としてデビューするのではないか、と!

しかも東宝に入社して、
「この度、東宝に入社して新規に頑張っていきます、東宝新規のチャソミソです!」
って登場するのではないか、と!!






はい、久しぶりに出てきたのに、長々とくだらない話で申し訳有りませんでしたー。

まぁ、田口くんについては「チャンミンに激似」「チャンミンとも交流がある」ぐらいにしか知りませんが、30歳を目前にして、ナイス判断なのではないかとオジサン的には思います。
これからの人生を目一杯頑張って、悔いのない人生を!
頑張れ、タグチくん!

がんばれ!!タブチくん!! トリプルヘッダーBOX(3枚組) [DVD]

【Bigeastオジサン】アルバム「WITH」最遅レビュー

はいどうもー。Bigeastオジサンです。

まさかの今年2枚目のアルバム「WITH」。発売日に届くように買ったのに、風邪をひいたり忙しかったりで全然落ち着いて聴けませんでしたが、ようやくじっくり聴けたので、恒例の感想文など綴ってみますよ。

まぁいないと思うけど、もし感想文を読んで「ちょっと聴いてみようかな、買ってみようかな」という人がいたら、これも毎度申し上げますが、悪い事は言わないので「Type A」を買いましょう。パフォーマンスと楽曲セットで観賞するのが東方神起の正しい楽しみ方です。
WITH (CD+DVD)(Type-A)

では1曲目から、行ってみよう!


1.Refuse to lose ~Introduction~

最近の東方神起といえば、ホーンやブラスを使った楽曲が多いですが、まさにそれを象徴するようなオープニング。「絶対、負けねぇ」そうタイトルされたこの曲、今度のライブのオープニングをビシっと飾ってくれそうです。


2.Spinning

印象的なブラスのリフで始まるミドル・ダンスチューン。これはもうMVが文句なしにカッコイイ。ダンスも一目見ただけで頭に残る印象的な振り付け。ヘビーローテーション決定です。

この曲を聴きながらずっと「昔よく聴いてた曲に似てるなぁ…」と思っていて、マドンナの4 minutesかなぁと思ったりしたけど、あらためて聴くと全然違うし、未だ探し中。

(サビ後半のブラスとパーカッションの使い方がさ?似てなくもなくない?ないね…)
それにしても、「チャンミン、またダンス上達した!?」と、一瞬ユノと見間違えるほどにキレてるんだけど、その後であらためてユノを見たら、もっとキレてるという罠w。どこまでいくんでしょう、この子たち。


3.Believe In U

爽やかなピアノチューン。聴いてすぐ「これはShinjiroh Inoueの仕業だね」とわかる綺麗な曲。

4.SURISURI

いきなり「スリスリ」とか言われても、困りますよね。猫がスリスリしてくるのと、女子がスリスリしてくるのでは、こっちとしても対応が変わってきますしね。特にオッサンがスリス(自粛)

実はこの「スリスリ」、珍しく韓国語なんですね〜。意味ですが、歌詞で出てくる「スリスリマスリ」とは「ちちんぷいぷい」のようなおまじないの言葉だそうです(知恵袋
スリスリマスリのあとには叶えたいことなどの注文が来ます.

スリスリマスリ 叶え!
スリスリマスリ 消えろ!


さて、理解できたところで耳を澄ましてこの曲の歌詞を聞いていると、
「スリスリマスリ すり身のサバ」と言っていますので、日本語的には
ちちんぷいぷい、すり身のサバ!
ということですね。
やっべー。ぜんっぜ意味わかんねー。
っていうか、サバはやっぱり焼くかシメるかじゃね?
※本当は「スリスリマスリ ススリ サバ」です。焼かず、シメず、すするんですね。

はい、無駄話が異様に長くなりましたが、この曲はPVがホンット〜にカッコイイです。韓国版しかないのが非常にツライ(いつまでたっても化粧に馴染めない…)。日本語版で撮り直してくれないかなぁ・・・。

世界観、ダンス、そして相当に練り込まれたカメラワークはまるでブロードウェイ・ミュージカルの映画のよう。もう一回言いますけど、日本語版で撮り直してくれないかなぁ・・・。


5.Time Works Wonders

ポップでありながらグッと大人でとても上品なミドル・チューン。耳に心地よいコード進行とメロディ、サビのホーン・セクションがオールディーズを思い起こさせる・・・って思ってたら、全然違ってUKポップスらしいwwどこがオールディーズやねんww恥ずかしいww


6.DIRT

Queenの「We will rock you」のようなドスン、ドスンとしたナンバー。アコギの単音リフを軸にシンセで厚みをつけているんだけど、ずっとアコギの音が下で支えているので全体的にゴリッとした印象が残ります。
「(a) diamond in the dirt」が「大安マン in the day」って聞こえて、なんか妙にめでたい日の歌かと思ったら(笑)、「汚れたまま君を抱いてめちゃくちゃになってしまい 自堕落に奈落で愛して」って、結構激しいこと言ってたw


7.I just can't quit myself

先日も「チラっと聴いた中ではこの曲のチャンミンの歌いまわしっぷりが気になる」と書きましたが、じっくり聴いてみて、やはり今回のアルバムの中ではSpinningと人気を二分するほどのオジサン的大好物。なんといっても、「なんか、BOOWYっぽい」。あ、BOOWYっぽいって言っても、MarionetteやB.BLUE辺りじゃなくて、たまに少しハズしてくる曲の方。イメージで言うと「たった一度のLove Song」が近いですかね?
これヒムロックに歌ってもらいたいわ〜!絶対ないと思うけど〜!


8.Chandelier

J-POPの王道のような美しいバラード。タイトルがパッと見、チャンドラーに見えますよね!


9.Baby, don't cry

ベイビードントクライと言えば、もう我々の世代的には完全にアムロちゃんな訳でありますが、こちらもまたギター・コードとストリングスの絡みが爽やかな上質ポップに仕上がっております。元気づけられるー!


10.Answer

Sweatのカップリングでちょっと影に隠れた感はありましたが(そう思ってるのボクだけ?)、完成度の高い曲。


11.Calling

これまたちょっと懐かしい感じのする王道J-POP。なんだろ、大学生とかそれぐらいの頃にMステとかで聴いてたような。なんとなく、妙に切なくなるミドル・バラード。好きだなぁ、これ。でも調子のってカラオケで歌おうとしても難しくて全然歌えないんだろうなぁ…。


12.Sweat

今年の夏曲。これこそ今さらレビューしても仕方ないのでもはや語りませんが、とにかくPVのチャンミンの髪型がマジでかっこよくて嫉妬すら出来ないw


13.Special One

ギターキッズ必聴ですよ、イントロのこのリフは。ファンクなリズムに乗ったカッティングの跳ね感とビブラートのかけ方が絶妙。そしてソロは渡辺香津美を彷彿させる、絞った音でネックを縦横無人に駆け回るようなプレイ。このギタリストすげーな。前作の「Crazy Crazy Crazy」に続いて、いや、それ以上に大好物プレイですよ、こ・れ・は!
加えてホーンセクションも入って煌(きら)びやかなサウンドに。まるでレニー・クラビッツ!なんて贅沢な曲なんでしょう。
一応、リフは耳コピしましたけど、TAB譜欲しい人います?

■2014.12.26追記
あらためてクレジット確認したら、Guitar: Andreas Oberg やないか!そう、先述の「Crazy Crazy Crazy」を弾いてた人や!!そうかー、そうなのかー、今回もガッツリ心を鷲掴みされたと思ったら、この人やったかー!このギタリスト本気で要チェックや!
Andreas Oberg Official
Guitar School



14.With Love

こちらも、Shinjiroh Inoueの華麗なる楽曲。アコーディオンのみの伴奏で始まるシンプルな曲だけど、だからこそボーカルが際立ち、情感豊かな二人の声が心に染み入ります。
ラストを飾るにふさわしい温かい曲。




というわけで以上、曲によって感想にムラがあるBigeastオジサン的レビューでしたー。
アルバムでたばっかりなのに、早くも次のシングルの情報がー
東方神起、2月に昼ドラ主題歌「サクラミチ」
なんなのーw

【Bigeastオジサン】取り立てて書くほどのことでもないこととか

どうも、Bigeastオジサンこと、Bigeastオジサンです。
今日は、ブログに書くほどでもないことを書く日です。

ニューアルバム「WITH」スペシャルサイトがオープン

ニューアルバム「WITH」の特設サイトがオープンしましたね。
各曲45秒ずつ試聴できていい感じです。
45秒ずつ聴いたところ、Bigeastオジサン的には「I just can’t quit myself」のチャンミンの歌いまわしっぷりが気になります。かなりいい声だしてますね。

しかし今回は、コンセプトを読むといきなり
逢いたい想いは、
逢えないときほど、強くなる。

とか、
遠く離れていても、僕らの心はつながっている。
たとえ試練があっても、僕らは乗り越え、いつかまたひとつになれる。

という感じで、兵役出発感がビシビシとあからさまに表現されていて、なんだか逆に清々しいぐらいの気分ですね!

ところでこの文章ですが・・・
with_concept


気付きました?
各文章の先頭1文字だけを縦に読むと・・・

東そ東けそ遠た『逢とそ逢い僕


まったく意味がわからない!!
いや〜、とんだヒッカケですね。

あと、MOVIEページではなぜかエレキテル連合さんが「ダメヨ〜、ダメダメ」言うとりますね。
次のツアーのネタはこれで決定か…
っていうか、これで良かったのか・・・?


今さらだけどAndroidの

いきなり話変わって、ダンスが超絶カッチョイイこの曲ですが、


サビのメロディがマクドナルドのポテトが揚がった時のメロディにそっくりだ、ということは皆さんご存知の通りだと思います(当時から、知恵袋にも話題として上っています)。

■参考)【高品質】マックのポテトが揚がった時のアラーム音【揚げたてアツアツ】



しっかし、高品質でアラーム音をアップしてる暇な人もいるんだなぁ(誉めてます)、と思ってたら、こんな方がいました。

■マクドナルドのポテトが揚がった時のアラーム音を使ってJazzFunk調のテーマを作ってみた。


無駄にカッコイイww
こういう、爆裂才能の無駄遣いをしていらっしゃる方、大好物。

で、この方、他にはいったいどんな無駄遣いを・・・と思ったら!
!!!!(・∀・)!!!!

■呼び込み君をスタイリッシュにアレンジしてみた。

これwwww
マルエツとかで流れてるヤツwwwwwww
後半のギターソロとか無駄にガチで上手くて泣けるwwwwwwwww

ちなみにボクもその昔、マルエツの店内で買い物ついでにこの曲をひたすら聴きとっては、自宅でせかせかケータイの着メロ作成機能でコピーしてた過去があるんですよね!!!!

ボクは完コピ派でしたが、このお方の天才的なアレンジにはもう脱帽です。
「マジ、何してんの!?wwwwww」という、最高級の誉め言葉と最大級の賛辞をお送りしたいと思います。



というわけで、ほぼ1ヶ月ぶりに、生存報告がてらのアップでした。
ちゃお〜


【Bigeastオジサン】まさか年内に2枚目が出るとは…答え合わせ

こんにちは、Bigeastオジサンこと、Bigeastオジサンです。

いやぁ、やっておくもんですね、アルバムタイトル予想。
参考:【Bigeastオジサン】念のため次回アルバムタイトル予想

まさかまさかの、出ますよ、今年2枚目のアルバム。



さて、気になるそのタイトルは・・・!
Tで始まり、Eで終わる、そのタイ
WITH




「WITH」


ずこー



なんでやねん。
なんでいきなりルール無視すんねん。

「T」で始まるルール、どこいってん。

せめて、「TATE」とかあったやん。
TATE
それはそれで、なんのこっちゃねん、チャミ。
(ちなみに、これを買うとついてくるトランプね)

まぁ、とりあえずアルバムリリースからライブまでの期間が短いので、
ササっと購入してしっかり聴き込まないといかんです。

忍び寄る兵役

しかし、もう、いよいよ、ライブが終わったら二人一緒に兵役ですね。
これだけ詰め込んできたら、いよいよ確実。

そこで心配になってくるのが、ユノですね。

ユノ、真面目だから
キツイ部署への配属を希望するであります!(ビシィッ)
とか言いそう…っていうか絶対言う。

こんなんなって帰って来たらどうしよう。
dareda


復帰後のライブ・・・
msl
無理あるわー

これもう、完全にアメリカのプロレス試合中継やんけ・・・。


Bigeast女子のミンナ、ここまでいってしまわないように、
ユノをちゃんと説得してくれよな!
(チャンミンはきっと大丈夫だよね)

【Bigeastオジサン】念のため次回アルバムタイトル予想

※このブログの内容はネタです。目を血眼にして東方神起情報を探している方には先に謝っておきます。すいません。


はいどうもー、Bigeastオジサンこと、Bigeastオジサンです。

ところで皆さんは、どのドームに行くんですか?
あ、もちろん来年2月からのドームツアーの話。

しかし、ビックリ(マン)しましたね。
アルバムも出してないのに、いつも夏にやるのに、なんでいきなり?ってね。
いや、さすがにビックリ(マン)しましたね。

もう、いよいよホントに兵役ですねぇ・・・
兵役なんて辟易だよ・・・(でた!Bigeastオジサンギャグ!)

出るのか出ないのかわからないけど


というわけで、ツアーをやるってことはアルバムが出るのかな?という逆算で、ここはアルバムタイトル予想しておかねばなりませんね。

過去2回の予想記事についてはこちらをどうぞ。
【Bigeastオジサン】毎年恒例、次回アルバムタイトル予想(2014/4/1)
【Bigeastオジサン】早くもアルバム次回作のタイトルを考えてみる(2013/3/28)

基本ルールは皆さんもう丸暗記してますよね!
Tで始まりEで終わる4文字の英単語」ですね!

ちなみに、最近このブログのアクセス解析を見ておりましたら、
keywords

「tで始まりeで終わる英単語」
「tで始まりeで終わる単語」
なんてキーワードで検索して来られる方も結構な数でいらっしゃるようで
(アクセス数はボカしますね、月間たったの10万PVしかないのがバレちゃうんで…)
中には、

「tree time tone type take tube 英単語」

なんて、微妙に予想を入れつつ検索している方もいらっしゃって、
おぉ、同志がいた!なんて思いながらニヤついてます。

ではタイトル予想、いってみよう!


さて、早速「当たる」と評判のタイトル予想をしていきたいんですが、すいません。
いきなりで申し訳ないんですけど、ちょっともうルールに則った英単語が見当たらないです。

というわけで、今回はルールを拡大します。
「Tで始まりEで終わる4文字の単語」とします。

英単語→単語。

いってみよう!

※【注意】以下、登場するインタビューはすべて勝手な創作内容です。東方神起メンバー本人の発言ではありません。


TARE


韓国といったら、やっぱり焼き肉。焼き肉といったら、やっぱりタレ。そう、TARE。
あぁ・・・焼肉・・・最高です(チャンミン)

いや、焼肉じゃなくて、タレの話だから。チャンミン。ね。っていうかちゃんとインタビュー答えて。
tare
あ、これジャケット写真。一応。

TIGE


韓国といったら、これも人気のチゲ。ボクもキムチ・チゲ大好き。チーズ・チゲもいいよね。
日本の皆さんが、韓国の料理を美味しいって言って食べてくれるのが、すごく嬉しいです。今度、イベントで作りますよ。なんですか!作れますよ!ユノシェフだから!(ユノ)

あぁ、心許ない。頼むからもうちょっとこう、料理の基本を…
tige
美味しそう!



えーっと、何の話でしたっけ。

あ、アルバムのタイトル予想だ。

TERE


何気に、これ今回一番自信あるんすけど。テレ。照れ。二人とも照れ屋さんだし。
まぁ、ボクはよくファンの皆さんから「最強」とか言われたりするんですけど、全然そんなことなくて、皆さん勘違いしてますよ。ボクはホントは人前に出るのとか全然好きじゃないタイプなんで、今回のアルバムのコンセプトが「照れ」って教えてもらった時は、「あぁ、ボクのためのアルバムだなぁ」って思いました(チャンミン)

tere
チャンミン、ガチ照れ。

TURE


これ、第2候補。ツレ。二人だし。
ツレっていう日本語は、今回のアルバム制作で初めて知ったんですけど、親友とか、夫婦とか、そういう関係で使うって聞いて、ボクたち東方神起も、今こうして二人で何枚もアルバムを出したりツアーを出来たりするのは、お互いがいてこそ、と思ってピッタリだなぁって思いました。もちろん、東方神起とBigeastの皆さんもツレですよ!(ユノ)

えー、ステキー。ユノ、ステキー。
ture
アヤシー、この写真アヤシー


さて、そろそろ本気出していきますよ・・・?

TANE


前作を思い出してください。はい、TREEでしたね。そのツールを辿ると、何になると思います…?
皆さんの声援や愛を受けて、この東方神起という大きな木を育ててもらって、これからも、ずっと皆さんのそばでしっかりとそこに立っているっていうか…そういう想いを込めて前回「TREE」というタイトルをつけましたが、日本デビュー10周年を迎えるにあたって、一度ルーツを辿るというか、原点を振り返ってみる…というのもいいかと思ったんですね。木のルーツと言えば、種ですよね(チャンミン)

なんか、途中まですごくイイこと言ってた気がするけど・・・
いいの?種で。
tane
ジャケ写的にはアリかもね

さぁ、いよいよ今回ラストの予想。

これはね、結構自信ありますよ。

TREE、TANEときたら(きてないけど)、
もうこれしかないでしょ。



TAUE


田植え。
日本はもちろん、韓国でもお米は絶対に欠かせない食品ですよね。ボクたち東方神起も、日本や韓国で絶対に欠かせないアーティスト、と言われることを目指しているので、ボクたちの志はお米と同じなんです。10周年を迎えるにあたって、あらためてお米を育てていく第一歩にも似てるような、そういった想いを込めました。ちなみにチャンミンは、ツアーで新潟に行く度に「新潟の米は最高!」って毎回大騒ぎです(笑)(ユノ)

10周年のアルバムタイトルが「田植え」て。いいのかオイ。
taue
っていうか、この人ダレw



さて、予想は出揃った。

さぁ来い!


※個人的には、ライブはTONETIMETREEの総集編でもいいなぁ・・・って思ってます。

【Bigeastオジサン】TREEライブツアー参戦記

こんばんは、ボクです。Bigeastオジサンです。

もんのすごい、今さらな話題ですけどね。
東方神起の今年のライブツアーに行って来た感想文です。

さて今回のライブツアーですが、東方神起の2人もそろそろ兵役に行くんじゃねえか、という懸念があったため、今年は奮発して新潟で1回、東京ドーム2回、計3回行ってきましたよ。
軽い追っかけですね。キモイですね。

新潟


生まれて初めて新潟に行きましたが、アレですね、新幹線に乗っちゃえば、東京からだと結構あっという間ですね。
会場は朱鷺メッセ
朱鷺メッセ会場

そびえ立つビル!
朱鷺メッセタワー


この、小学校の時に習った「信濃川」のほとりにズドーンと佇んでいます。
信濃川
信濃川。なんつーか、でかい。

ビルの最上階は展望台になっていて、あの万景峰号(マンギョンボン号)の発着場も…。
朱鷺メッセ景色


この会場は収容人数が1万人。
会場に入ると、さすがに「ハコが小せぇな…」と思わざるを得ませんが、その分ステージとの距離は近いので肉眼でもそれなりに二人を確認できて、ドームみたいに「結局大型ディスプレイばっかり観てた」ということはありませんでした。

新潟の皆、男性ファンに慣れよう!


新潟会場では男性のファンが少ないせいか、ボクが「チャンミーン!」と図太い声で叫ぶ度に、前の座席の女の子がビクゥッ!としてました。サイドを刈り上げた髪型で、結構ロックな感じだったのに…。
まぁ、ヤローの大きな声が苦手なのかもしれないけど、これから男性ファンはもっと増えてくるから、こういうのにも慣れてもらえるとありがたいです。
ボクもなるべく手の平をメガホンのようにして声の方向をコントロールして、前の方がビクッとしないように気をつけますから。ね。

あ、でも男性ファンが少ないとはいえ、グッズを買う行列に高校生ぐらいの男子4人組がいたりして、グイグイ男子ファン増えてる感じですね〜。いいですね〜。
グッズ売り場
グッズ売り場に並ぶ男の子4人組。可愛らしい。

あと、グッズ売り場といえば、グッズ売り場から抜けてきたところの床に何か落ちてました。
会場に落ちていた謎の

・・・?

なんだ・・・?
と思いながら顔を近付けていってよーく見てみると…
パッド

パッドや・・・。
これ、ブラのパッドやんけ・・・。
なんでこんな、人がたくさんいるグッズ売り場会場に落ちてんのよw

それより何より、せっかく張り切って盛ってきたオッパイが突然小さくなってしまった乙女の気持ちを考えると、同情せずにはいられませんね。

しかし、やっぱり会場が狭いだけあって(?)、サインボール等をゲットする人が多いっぽい!
ライブ終了後、近くの席でゲットした女性ファンの方にお願いして写真を撮らせてもらいました。
東方神起サインボール

東方神起サイン


結構「撮らせてください」という人が多いので順番が回ってくるのを待ってたんですけど、ボクがそろそろいいかなーと思って背後から「あの、すいません、ボクも写真を…」と声をかけると、まさか男性(オジサン)から声がかかるとは思っていなかったようで一瞬ビクッとされました。
お願い、男性ファンにも慣れて(笑)

ただ、ものすごく快く「どうぞどうぞ!」と撮らせてくれて、感謝感謝であります。
東方神起のファンの人たちは、ええ人ばっかりや。


そんなこんなで初の新潟。
ユノが怪我でダンスをセーブしてたり、さらには(珍しく体調を崩して)風邪でボーっとしてたり・・・という感じではありましたが、その分、チャンミンがトークまでしっかり支えたりして、また、会場も小さいので、それはそれで楽しい雰囲気でした。

あと、最初に書いたように、新潟って新幹線だと東京からあっという間なんですよね。
というわけで、始発新幹線に乗ると普通に東京事務所に出社できたりするので、ライブ翌日の始発時は、こんな感じ。
新潟駅
始発新幹線の改札が開くのを待つ行列

もう皆さん、気合いの入り方が違いますね。
っていうか、やっぱり東京からもガンガン参戦してるんですね…。

東京


さぁ、やってきました東京ドーム。

見渡す限り、人、人、人!(ほぼ女性)
東京ドーム会場


東京ドームホテルの窓には「We Are T」の文字がっ!
東京ドームホテル


気合い入ってるぜ!

ちなみに東京ドームの場合だと、見渡せば普通に男子大学生とか若いサラリーマン男性とかオジサンとかが結構な確立で見つかるので、とても心強い!
中には、完全にユノに寄せていってる男子もいたりして、なかなか目を引きます。

東京ドーム公演は、1日目はステージ真横の最上階、という全然まともに見えないクソみたいな席で金返せレベル(せめて安くしろレベル)でしたが、2日目は、ちょっとゴンドラとかで場内を回って来る時にガチで近い席で、しかもちょうど目の前でゴンドラ停止したりして、オジサン興奮しました(変態)。

ライブの感想


で、ようやくライブの感想文なんですけど(ここから本題)。

東方神起のライブは、もはや見まごうことなくエンターテイメント・ショーのレベル。
徐々に倒れて行くディスプレイパネルだったり、噴水だったり、ライブのストーリー展開の構成に合わせてしっかり作り込まれていて、SAMさんの演出力の高さはスゴイ(お金のかけかたもスゴイ)。

今回は(今回も)映像がよく作り込まれていましたね。
ペーパークラフトな世界の映像がホントによく出来てて、まるでDisney/Pixar映画が始まる前のショートムービーのような出来映え。お金出すからフルバージョン欲しい。

そして、今回のライブに参戦して感じた二人について。

ユノ〜「かわいい」と「カッコイイ」が同居するオトコ〜


キャラとしては、まぁ確かにカワイイ。何と言うか、オジサンも、あのマジメでひょうきんなキャラは「カワイイなぁ」とニコニコしながら見てしまう。
ところが、ステージでパフォーマンスしている時はもう、完全に「カッコイイ」。
東京ドームでは既に体調もすっかり良くなっていた感じで、緩急メリハリの付いたキレッキレのダンスでバシっとキメ顔されたら、男でも惚れるぜ…
(あ、ここら辺できちんと断っておきますが、そっちの気はないですよ)
あと、ハモり方がハンパない。歌唱力がガンガン上がってるなー。

チャンミン。ついに「自信」を身にまとったオレサマ


ユノにはダンスという武器があった。チャンミンも昔からハイトーンを活かした歌声でボーカルとしては目立っていたが、良くも悪くもクセがなく、やはりその当時で「歌唱力」となるとジェジュンやジュンスといった「ザ・ボーカリスト」の方がメインにいたと思う。
では今のチャンミンは、その2人がいなくなったから繰り上げで…。ということは決してなく、恐らく相当に努力をしているんだと思うけど、今回のアルバム(TREE)でさらに聞き惚れる歌声、情感のこもった歌唱力を手に入れた。かなり唯一無二なボーカリストの域にまで達してる感じがする。
そして、ダンスがホントに上手くなった。「上手くなったなぁ」なんて思わせないほど、気付けば「あ、上手い」という感じになってる。そして、そのステージングが自信に満ち溢れているのがバンバン伝わってくる。努力の賜物か…。

さらに今回は髪型も「ザ・チャラ男」といわんばかりのパーマヘアでしたが、ホントのイケメンがやると「男も憧れるイケメン」になってしまう、ということを痛感させられました。
ズルイよチャンミン…。


しかしこの二人、いったいどこまでお互いを高め合っていくのか。

どうしても馴染めない文化について


今回、3回のライブに参戦してみて気付いたけど、Something前の寸劇が毎公演、微妙に展開が変更されていた。何度も足を運ぶようなファンも飽きさせないような努力なんでしょうか。
いやもう、頭が下がる。

と、べた褒めだけで終わるのもアレなんで(いや別にいいんだけどw)、1男性ファンとしてなかなか馴染めないことがありまして・・・

思い切って言っちゃいますけど・・・

曲中に、「ユノチャンミン、ユノチャンミン、トーホーシンキ!」とかの、合いの手あるじゃないですか。
あれさえ無くなれば、彼らも日本で「韓国アイドル」ではなく、「アーティスト」として認められるようになるのではないかと思ってたりします。

だってあのかけ声って、秋葉原の雑居ビルのボロステージで1mmも可愛くないナントカアイドルに向かって踊り狂いながらかけ声かけてるのと、同じじゃん。

って、どうしても思ってしまうんですよね。

それよりも、せっかく素晴らしい楽曲を、豪華な演出とともに、相当にクオリティの高い演奏とダンスで提供してくれるんだから、その洗練され尽くした二人の歌とダンスを正しく聞いて、感じて、受け止めて、曲の流れに合う形でかけ声的なこととか、しませんか・・・?


と、思うけど、まぁあれはあれで一体感なんかも出てとっても楽しいんでしょうから、別にいいですけどね!(言い逃げ)



あぁ、長かった。
とりあえず、言いたいことは全部書いた気がするので、だいたい満足しました。
大したネタもないのに最後まで読まれた方がいらっしゃったら、すいません。
お付き合いどうもありがとうございました。

東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE (DVD3枚組) (初回生産限定)

【Bigeastオジサン】バームクーヘン食わへん?

はいどーもー。Bigeastオジサンです。
来たる東京ドームでのライブのチケットが届きましたが、座席がかなり最悪な場所でちょっとへこんでますよー。

ところでバームクーヘン

今回のアルバム「TREE」関連のグッズで、いきなりバームクーヘンがあったでしょ?
「TREEにちなんでバームクーヘンを用意しました」的なノリで。

あれ、誰が買うの?

って思うじゃないですか。


俺だよ。
俺が買うんだよ。

TREEバームクーヘン1


開けてみよう!

早速開けてみよう!
なかなか大きな箱ですよ。
パカッ・・・
TREEバームクーヘン2

ススス・・・
TREEバームクーヘン3

ズズズ・・・(あ、なんか、ついてきた)
TREEバームクーヘン4


じゃーん!(缶バッジ付きー、どーしよーこれー)
TREEバームクーヘン5


しかし、なかなか大きそうな気配がしますね!
多いに期待が高まります。

さすがに一気に食べきれるサイズではなさそうなので、
ちゃんと少しずつ切って食べた方が良さそう。
ナイフとお皿も持って来て、準備万端。
TREEバームクーヘン6


開けるよ!


パカッ・・・・!!
TREEバームクーヘン7


ん?


ん?
TREEバームクーヘン8


んん?

こ・・・小分けにパックされてる・・・?


ん?
TREEバームクーヘン9


んん?
TREEバームクーヘン10






なんだよこの思わせぶりな大きさの丸い缶はーーー!!!
てっきり、大きなバームクーヘンがどかんと入ってるもんだと
思ってたのにーーーーー!!!
またavexに騙されたわーーーー!!!!



・・・と思ったけど、ちゃんと写真入りで説明書いてありました…
販売ページ


ボクが勝手に期待してただけでしたよ…orz


ちなみに味ですが、普通に普通のレベルで美味しいです。
TREEバームクーヘン11




ただ、だったらもっと高くていいから、
クラブハリエとか治一郎のバームクーヘンにしてほしかったなぁ…

【Bigeastオジサン】毎年恒例、次回アルバムタイトル予想

※このブログの内容はネタです。目を血眼にして東方神起情報を探している方には先に謝っておきます。すいません。

はいどうもー、Bigeastオジサンこと、Bigeastオジサンです。

毎年恒例「アルバム次回作タイトル予想」、今年もやってみます(2回目ともなれば「恒例」って言うんです、この歳になるとね)。
去年は「早くもアルバム次回作のタイトルを考えてみる」であれだけたくさん予想して、結果、見事なまでにハズす(ニューアルバムタイトル予想:答え合わせ)という大失態を演じてしまったので、今回はガチで狙いますよ。

次回作タイトルを考えてみよう


覚えてますね?タイトル名のルールは、「T」で始まって「E」で終わる4文字の英単語です。
【特典ポスター無】TONE(通常盤)(DVD付)(ジャケットB)TIME (ALBUM+DVD)(ジャケットB)TREE (ALBUM+DVD) (Type-B)

ただ日経エンタテインメント!(2014年04月号)のインタビューを読んでると、ユノがこう言ってました。
再始動からのここ数年、『TONE』の次は『TIME』、今回は『TREE』と”T”縛りで来てますが、これは「東方神起」は2人と皆さんとで一緒に守った大事な名前だからその頭文字のTをずっとつなげていけたらいいんじゃないかという話から始まったんです。僕達もそういう形で何か気持ちを伝えたいと思っていたので、その案に大賛成しました。ただ『TREE』まできたら、それ以上にいい単語はもうそろそろ出てこないかも…って今は思ってるんですけど(笑)


マジかー。

っていうか、
”E”の縛りはー?
4文字縛りはー?


というわけでね、何か一人で勝手に縛りをキツくしてる感満載、かつ、まさかの本人から「もう出てこないかも・・・」とか言われてしまってますが、負けずに予想していきましょう。

※【注意】以下、登場するインタビューはすべて勝手な創作内容です。東方神起メンバー本人の発言ではありません。


TOTE


いの一番に思い付くといったら、トートバッグの「トート」ですよね。
「日本でも人気がありますよね、トートバッグ。元々は『運搬』っていう意味の言葉なんで、東方神起の気持ちとか想いを皆さん一人ずつの元へ運んで届けたい、そして、いつも身近な存在でいたい、と考えてこのタイトルにしました。トートバッグは、僕たちももちろん普段から愛用してます。え?どんなのを使っているかですか?Bigeastの継続特典で買っていただくことができる限定トートバッグです(笑)」(チャンミン)

チャンミン、相変わらず営業トークが直球です。
しかし、ライブの打ち上げでは裏方の裏方で働くスタッフ一人ひとりにまで丁寧に挨拶をしてまわるという二人。そう考えると、TOTEという単語に込めた「気持ちを一人ひとりに運んで届けたい」という彼らの想いが一層伝わってきますね。
tote
あれ…これBigeast限定トートバッグと違・・・


TAPE


読んでそのまま、テープ。
「昔は皆さん、カセットテープで好きな音楽を聴いていたと思います。僕も小さい頃は大好きなマイケル・ジャクソンの音楽をテープで聴いていました。でもこれは単にノスタルジックに過去を振り返るわけではなくて、原点回帰というか、あらためて、あのテープが伸びてしまうぐらいまで夢中になっていた頃の気持ちを今も、そしてこれからも持ち続けて成長していきたい、という思いを込めています」(ユノ)

ユノ・・・確か1986年生まれの28歳ですね。日本ではCDの生産が開始されたのが1982年、1986年にはCDがLPの販売枚数を追い抜いてますから、韓国で育ったとはいえテープで聴いてたって・・・えっ・・・まさかっ・・・
(っていうか、なんでライブで投げる直筆メッセージ入りテープの話しなかったんだろう…)
TAPE
しかしこのジャケット、鬼ダサいですね。どうしちゃったんでしょう。


TYPE


「人にはいろんなタイプの人がいますよね。東方神起だと、ユノと僕でも全然タイプが違うし、たとえ兄弟や姉妹でも全然タイプが違って面白いと思います。また、タイプを日本語に訳すと・・・『型』ということだと思うんですが、よく『型にハマるな』とか言われたりすると思うんですけど、じゃあ、自由にやっていいかと言うと、そういうわけでもないと思うんですね。ところで僕は、綺麗な人がタイプです(笑)」(チャンミン)

でたチャンミンw。すっかり東方神起の爽やかエロ担当も板についてきましたね。
TYPE
で、ジャケットはタイプライターって、もうコンセプトがメチャクチャ。
※注:さっきからいちいち差し込まれている画像は、CDのジャケットイメージです。念のため。


TAME


耳慣れない単語ですが、Wildの反対語で、「(動物が)人に慣れた」とか、あるいは「従順な」、場合によっては「無気力な」、動詞としては「〈人の〉勇気・熱情などを抑える」という意味で使われる単語。
「えっとー・・・え?え?えっとー・・・あのー・・・ハハッ、困ったな〜」(ユノ)

はい、さすがにこれはないですね。無理がありました。あまりに、真逆。
TAME_y TAME_c
でもジャケットは、Type-A(ユノ版)とType-B(チャンミン版)の2パターン。
Type-Aにのみ、ユノのソロ曲「いいとも最終回、見逃した…」
Type-Bにのみ、チャンミンのソロ曲「Toshiが妙な団体に入ったあの日」をそれぞれ収録。


TOLE


エナメル塗装されたまたはラッカーを塗られた金物(通常、金めっきされて、精巧にペイントされる)
「なんというか、TAMEといい、これといい、何か悪意のようなものを感じますね。何か僕たちが悪いことしましたか(笑)」(チャンミン)

すいません。もうね、縛りがキツ過ぎて、ホントに良い単語がないんです。
TOLE


TASE


最後にきました、今回の大本命。意味は「テーザー銃を発射する」。
「テーザー銃っていうのは、テーザー社が作ってるスタンガンですけど、ステープラーのことを日本ではホッチキスと呼ぶように、アメリカだとスタンガンのことをテーザーって呼んでますよね(参考)。スタンガンとか、ちょっと怖い話ですけど、僕が言いたいのは、○○と言えば××、という風に、○○と言えば東方神起、というのを確立したいと思ってます。ライブパフォーマンスと言えば東方神起、みたいな…。なので夢は、ライブパフォーマンスすることを『東方神起る』とか言ってもらえるようになると嬉しいです(笑)」(ユノ)

「とうほうしんきる」・・・いや、残念やけど言いにくいわー。あとなんか、商標問題とかややこしいわー。
TASE
スタンガンっていうか、完全に銃持っちゃってますけど。



というわけでね、3月中に何とか投稿しようと思って少しずつ書いてたけど、忙しくてなかなかアップできないまま4月1日に食い込んじゃって、ただの微妙にエイプリルフールに乗っかる感じな中途半端投稿になっちゃいましたね。

まぁ、全体的にそんな感じですけどね、このブログ。

また来年!
(来年も出来るといいなぁ…)

【Bigeastオジサン】ニューアルバム「TREE」最遅レビュー

はいどうも、Bigeastオジサンです。
去る3月5日、我らが東方神起(TVXQ)のニューアルバム「TREE」がリリースされましたね。
もちろん皆さん、もう聴いてますよね。

既に世の中にはマニアックなレビューが溢れ返っていることと思いますが、ボクを通してしか「東方神起」という文字に触れることがない方もいらっしゃると思いますので、今更、ニューアルバムの浅〜いレビューをしてみますよ。

CD版とCD/DVD版があるので、とりあえず曲数が一番多いCD版で曲のレビューをするよ。よろしくね。
東方神起TREE
(もちろんウチには、どっちもあるよ)

1.I love you -Introduction-

美しいピアノ・バラード、イントロ版。フルバージョンが後から出てくるので、詳細はそちらで。

2.Champion

え?Prodigy?的な。二人になってから激増したダンスナンバーの流れを組む重量感のあるオープニング曲。雰囲気は前作(TIME)の「Y3K」と似てるよね。


3.Breeding Poison

続けて、「ユーのワタミです!ハハッ」で始まる重厚なクラブ・ダンスナンバー(たぶん。クラブ行ったことないからわかんないけど、こんな感じのとか流れてんでしょ?)。
曲が進むほどにどんどんピッチが上がっていく、まさにアガるナンバー。しかし、よくこんな早口で日本語の歌詞を歌いきるよな…。


4.愛をもっと

一転、超バラード。ベッタベタなバラードながら、さすがの歌唱力で聴かせてくれます。チャンミンやっぱ上手いわー。


5.Cheering

これぞ、Shinjiroh Inoueの真骨頂。個人的には、今回のアルバムで、シングル曲を含んでもNo.1, 2を争うお気に入りの曲です。爽やか、かつ力強い。「頑張っていよう」という言葉のチョイスが、さすがShinjiroooohhhh!という感じですね。今、仕事が毎日徹夜続き状態なので、この曲にとても・・・いや、めちゃめちゃ励まされている、オジサンです。
イントロはちょっとU2のWith or without youに似てるよね。そして、ユノの声がよく映える。


6.Something

先日ここでも書きましたが(新曲「Something」でダイエットオジサン)、トニーテスタ振り付けの話題のシングル。Big Band & Swing感溢れる軽快なサウンドで、ダンスも含めてChoosey Lover以来の個人的大ヒット曲。先のCheeringとこの曲がNo.1,2を争う感じかなぁ…。
参考:Choosey Lover



7.Good Days

アコースティックギター1本のコードプレイから始まるミドルバラード。アコギ一本で始まりはするんだけど、珍しくコードの音より弦にピックが当たる音(ザクッザクッっていう音)の方を大き目に調整してあるため必然的に力強くて、その後の、空間に抜けて行くような重厚なパーカッション、重なり合うストリングスが織りなす壮大な世界に自然に繋がっていき、爽やかながら聴き応えのある仕上がりになっています。
どうこれ。ガチ・レビューっぽくない?
(ちなみにこれもShinjiroh Inoue)

8.Hide & Seek

シングルなのにほとんどプロモーションされてないんじゃないか…?と心配になる曲。歌謡曲感No.1。なんかすごい懐かしいw。


9.信じるまま

タイトル的にバラードかと思いきゃ…全然ミドルなダンスチューン。しかし、ホントにいろんなタイプの曲を歌いこなすわー。この人たち。


10.SCREAM

ロック・ダンスチューンとでも言うんでしょうか。確か、映画「貞子3D」だか何だかの主題歌でしたっけね(ホラー映画は嫌いだから観ない)。これはまた、曲もカッコいいんだけど、ダンスがスゴイ。振付やフォーメーションも独特で、ぜひDVDでダンスバージョンを観ていただきたい。見応えがあります。


11.Crazy Crazy Crazy

イントロのカッティングリフがカッコよすぎ。布袋っぽい(というか、そのルーツの黒人ファンクばりの)キレのいい刻みが心地よく、ボクの大好物直球ど真ん中ストライクのイントロです。弾いてるのは、生粋の白人ですけどね(Andreas Oberg)。
ボクも早速、久しぶりにエレキを抱えて耳コピでああでもないこうでもない、と右手首を振っていたら、あまりに久しぶりに弾いたもんだから弦に当てて音を切っている右手親指の外側が、気付いたらちょっとえぐれている、という惨事に見舞われました…痛い…orz
ちなみに、こんなにカッコいいイントロなのに、サビはいきなり超歌謡曲w


12.OCEAN

あらためて、夏にピッタリ過ぎる曲ですね〜。アガります。ウガチャカ。
あと、PVのリア充っぷり感がハンパない。俺もこんな、白い仕立ての良いスーツで裸足にローファー、モデル並みの女子たちが遊んでるプールサイドで仲間たちとシャンパンを開けてキャッキャする・・・っていう20代を過ごしたかったわ…(遠い目)

それにしても、Shinjiroh Inoue & H.U.Bコンビはテッパン。


13.TREE OF LIFE

僕たちは この木の下(もと)に出会い生(せい)を育む♪

・・・壮大。


14.Good-bye for Now

一応、(通常版の)最後の曲だから、「これは再会するための束の間のお別れ♪」とかってのもまぁ納得できるんだけど、「また会える日まで〜」「忘れないでね 楽しかったこと」「元気でね また会いましょう」とかって畳み掛けられると、おぉ・・・いよいよ兵役か・・・と思わざるを得ないですね…。底抜けに明るい曲調なだけに、そう考えると寂しさ際立つ…。


15.I love you -full version-

あぁ、そういえば元々「男性コーラスグループ」っていう触れ込みだったよな…ということを強烈に思い出させてくれる、旋律美しい名ピアノ・バラード。作詞作曲担当の山本加津彦さんは、なんとボクより2つも歳下じゃないか…。甲子園の球児たちがいつの間にか歳下になっていた時の、あの衝撃を感じています。しかも泉大津市出身て。実家、結構ご近所さんやん。それにしても、Introだけではもったいない、とても美しい曲です。(4曲目「愛をもっと」も、山本さんの作品。前々作(TONE)の「シアワセ色の花」も彼の作品)


16.Very Merry Xmas

クリスマス感がね。ハンパない。仮に「Xmas」っていうのがタイトルに入っていなくても、「これさ、クリスマスな曲じゃね?」ってなるぐらい、クリスマス感でちゃってる曲。
なんですか。別に疲れてきたからテキトーなレビューになってるとか、そういうのじゃないんですよ。




以上、だらだらと書いてきましたが、総じて非常にバラエティに富んだ仕上がりで、バラードからクラブっぽいのから爽やかなのから歌謡曲まで、様々に歌い分ける彼らの歌声と素敵な楽曲を堪能できます。

あと、毎回言いますが、もし買うんだったらCD+DVD(Type-A)が絶対的にオススメですよ。
TREE (ALBUM+DVD) (Type-A)
シングルのPVと、そのダンスバージョンが入っています。
彼らの魅力は、ダンスと歌が合わさった時に最大級に発揮されるので、「どれがいいのかな」と思ったら迷わずこのバージョンで、間違いないです。男子もね。っていうか、男子こそね。

ただ今回個人的に非常に腑に落ちないのは、Somethingのダンスバージョンが、ほとんど普通のPVと同じ…。せっかくトニー・テスタの振り付けなのに…



以上、東方神起好きなオジサンによる最遅レビューでした。
気持ち悪いね!


少し仕事が落ち着いて時間ができたら、今年もやるよ。
次回のアルバムタイトル予想。