こんにちは、ボクです。
おひさしぶりです。

なんかこう、いよいよ不惑な年齢を目前にする歳となってきまして、

こんなにバカなことばっかり書いてていいのだろうか…
ネット上にゴミ記事ばっかり量産してていいのだろうか…
そろそろ、もっと人の役に立つようなことを書いていくべきなのでは…


なんて思ったりしてなかなか筆が進まないんですが、今日はとりあえず、3月のとある暖かい日に街を散歩していた時、ふと引き寄せられて入った小洒落た文具屋で見つけた秀逸なノートを紹介させていただこうと思います。

THE BRILLIANT IDEAS / Kari Chapin


そのノートの名は「THE BRILLIANT IDEAS」
kc_brilliantideas1


ハゲチャビ・・・いや、カリ・チャピンという方が作るこのノート。
大きめ、かつポップで目を引くデザインに、つい手に取って開いてみると…

kc_bi3
おぉ…

kc_bi4
おぉぉぉ…

kc_bi5
おぉぉぉぉぉぉ!!


アイデアを得るための仕掛けや、
出てきたアイデアを掘り下げたり、広げたり、発展させるための道筋が、
とても素敵なデザインでフォーマット化されているではありませんか!

今ここでは3パターンだけ載せましたが他にも4パターンあるので、全部で7パターンのフォーマットがあり、それが1セットとして1冊の中に繰り返し印刷されています。

もう、見ているだけで素敵なアイデアがどんどん生まれてきそうな、というか、
どんどん生み出したい!と思わせてくれる秀逸すぎるデザインです。

企画担当の方はもちろん、コンサルティング系の方でも使えると思いますし、プロジェクト管理者として問題点や課題を整理したりするのにも使えそうです。

「デザインで人に”やる気”を起こさせることができる」
ということを痛烈に感じさせてくれる逸品、オススメです。

The Brilliant Ideas Launch Pad: Generate & Capture Your Best Ideas (Notepad)

ちなみにKari Chapinさんは、他にも素敵なスケジュール手帳や、プロジェクト管理用ファイルフォルダ等も出しているので、気になった方はぜひチェックを。
クロニクルブックス ノート カリチャピン メイクイットハプンジャーナル


おまけ:アイデアを生んで、育てるための必読書


まずはアイデア作りの教科書とでも言うべき古典。
アイデアのつくり方
字が大きいうえにめちゃめちゃ薄い本で、1時間もあれば読めるけど、全編大事なことしか書いてない濃ぃい〜1冊。

そして、アイデアの着想から検討、実現までを具体的な手法とともに惜しげもなく公開してくれている現代版の教科書と言っても過言ではなさそうな名著。
アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書)
新書なのでこちらもそんなに時間をかけずに読めるけど、今すぐ試したい、と思えるような技や手法が盛りだくさんな1冊。先に上記の「アイデアのつくり方」を読んでおくと、ハンパない腹落ち感を得られることウケアイ。


仕事はもちろん、遊びや日々の生活の中でも「アイデア」を出して試してみるのは楽しいですよね〜。
どんどん面白いアイデアが生まれますように!




---PR---
LINEクリエイターズスタンプ好評販売中です。
スタンプv2

以下のURLからご購入いただけます。
http://line.me/S/sticker/1212802