スマホの方はこちら

また久しぶりだな。
今日は、主役級の俳優陣が勢ぞろいした話題の映画「マネー・ショート」ですよ。
アカデミー賞の脚色賞?っていうの?を受賞したんだってな。
へー。そうなんですね。とりあえずボクは豪華すぎる俳優陣、特にクリスチャン・ベールとライアン・ゴズリングが観たくて足を運んだんですけどね。
これだけ実力のある俳優が揃って、しかも題材がリーマンショックの裏側で莫大な利益を得たアウトローの話だろ。
そう、しかも実話に基づく話らしく。おもしろくないワケがない!
で、なんで★1つやねん。
おもしろくなかったからです。
え。
いや実は、強烈な二日酔い状態で一人で観に行ったんですけどね。途中で寝ちゃいました。
待て、それ完全にオマエが悪くないか?
だって、カメラワークとかカット割りとかフラフラガチャガチャして全然落ち着かないし、エピソードの進め方もなんかヘッタクソだし。
まぁ好みが分かれるところなんだろ。
観てたら気持ち悪くなってきて。
なんだろ、テンポよく、スタイリッシュに撮るぞ!っていうのが出過ぎてて、逆にダセーみたいな。
言うねぇ。
よくこれだけの人気・実力ともトップの俳優たちを集めて、こんなオモシロくない映画作れるわ、と。
ボロカスだな。。
こんなに良さそうな題材なのに、「いつ面白くなるんだろう」って、最後まで思わせる力量ね。逆にスゴイね。なので途中で諦めて、寝ました。
マジかよw
居眠りしちゃったんじゃなくて、あえて寝たのかw
えぇ。どうでも良さそうなところで5分ぐらい?
あとテーマ的に金融商品の話だからやっぱり難しくて、必死に追いつこうと思っても理解できないまま進んじゃうから、最後、何がどう大逆転したのかってクライマックスが全然弱い。
それはオマエが二日酔いのボケた頭で観に行った上に、途中で寝たせいだろ…。
唯一の救いは、溜まったポイントを使って無料で観たってところかなぁ。
そこまで言うか。
ホント、これだけの俳優と題材を使ってコレって…。というわけで、相対的に評価も下がって★1つ。
まぁ、久しぶりに観た映画なのに、残念だったな。
いや実は、会ってない間も007 スペクターとかオデッセイとか、人気どころはちょくちょく観に行ってるんですけどね。ネズミ先輩に言ってないだけで。
なんだよ、報告なしかよ。俺に教えろよ。
えぇ…。まぁいつものように報告しようかなぁと思ってたんですけど、ただですね。
なんだ、なんか文句でもあんのか?
いやね、毎回、こうして報告する時ってそれなりに時間がかかるわけですよ。で、リアクションを見てると平均10人ぐらいの方が参考にしてくれてる感じなんですよね。
10人!オマエにしては、すごい影響力じゃないかw
ホント、数だけで見ると聖徳太子レベルですからね!
でもね。
なんだよ鬱陶しいなぁ、早く先に進めろよ。
いい加減、選択と集中が必要だなぁ、と思ってまして。かける労力に対してリターンが悪いコンテンツは、やっぱり閉じていかないと。時間は有限ですし。
オマエに「時間は有限」とか言われると無性に腹が立つのは、オレだけじゃないはずだ。
まぁ、くだらないコンテンツに情熱を捧げてますからねw。
でもボクの中で、ネズミ先輩とのやり取りは「くだらないコンテンツ」ではないんですよ。
な、なんだと…。それ先に言えよ…ホントはもっとちゃんと出来るんだぞオレ!
いや、ネズミ先輩にはネズミ先輩らしさを出してほしかったから、変なプレッシャーにならないようにというボクの気遣いですよw
なんだよー、俺だって素人じゃないんだから、その辺任せろよー
これって、ボクみたいに事前情報まったく無しで映画館で映画を観たい人向けに、【絶対にネタバレしない】っていうテーマの元、乱暴な言葉を丁寧に選びながらボク的な感想を伝えようと、そう思ってやってきてたんですね。
あ、そうなんだ。知らんかった。
まぁでも、5年やってみて、これといったコンテンツにもならず。というわけでね、まぁネズミ先輩には申し訳ないですが、ネズミ先輩のキャラの弱さのせいでね、こういう反響のないコンテンツは終わらないといけませんから、人気のないサービスを爆速で閉じていくGoogleやYahooやLINEを見習って、今回で終わります。
え。俺のせいなの。
っていうか、他の記事とかもあんまり「いいね」の数とか変わんねーじゃねぇかよ。
(うっさい!)
いつもこのやり取りを「いいね!」と応援してくれていた10名弱の方々には、本当に、心からお礼を申し上げまして、また、稀に「参考にしてます!」と直接お言葉やコメントをいただいた方々にも心底感謝しつつ、今回を持ちまして終わりにいたします。長い間、ありがとうございました。
ちょっ!ちょ待てよ!
最後に頼みが!
…オレを、オレをLINEスタンプに登場させてくれ!
…。
…。
考えときます。
よっしゃ、よろしく!
じゃ、皆んなも、元気でな。


クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリングの魅力を初めて味わうならコチラがボク的オススメ。