スマホの方はこちら

よっ
ども。今日は、Disney×Pixarの「メリダとおそろしの森」観てきました。
お、ディズニー×ピクサー、オマエの大好物じゃねぇか。
えぇ、もう、期待せずにはいられない作品ですよね。でも今回は主人公メリダの吹き替え担当がAKB大島優子ってことで…
あぁ、タレント吹き替えな、アレ、俺も嫌いだわ。ちゃんと声優さんにやってもらいたい。
いやボクも普段はそう思ってるんですけど、特にトイ・ストーリーのバズやってる所さんとか、所さんの丸出しだし、唐沢さんのウッディすごくハマってるからいいんだけど…
だよな。じゃあ大島ってことで減点だな。
いやそれが。ものすごいハマってた。
げっ。裏切った。
ホントに、上手いんですよ。上手いっていうか、そもそもなんかメリダと大島優子って雰囲気とか顔の骨格とかが似てるから、映像にすごく自然にハマってるんですよね。
あっそう。俺はなんかもう、裏切られた気分だからどうでもいいや。ストーリーは?
ストーリーに入る前に。ピクサー映画って、本編が始まる前に必ず短編を流しますよね。
あれ、毎度クオリティが高いよな。
今回は、トイ・ストーリーの「ニセものバズがやってきた」と「月と少年」なんですけど。
ほぅ、2本も。
トイ・ストーリーの方は、なんだかちょっと説教臭すぎる感じでイマイチな印象でしたが、「月と少年」が良かった!
なんか、可愛らしい映像だよな。
映像もだし、世界観も、キャラクターも、お話も可愛らしくて、短編アニメとしてかなりイケてますよ!
ほー。で、早く本題入れよ。
えっとですね、本編。感想は、「ピクサーと言うよりは、ディズニーの作品」って感じです。
わかるような、わからんような。
基本的なストーリーとしては、森の魔法を「人間の心の影」のメタファーとして、それを軸に家族愛を描く、そんな話です。
ふむ、そこまで抽象化しちゃったらもう、いわゆる普遍的な話だな。
この作品ではそれが親子愛で、娘を想って厳しくしつけ、確かな将来を決めようとする母親と、それに反発して自由を求める娘メリダのお話。
なるほどね。
あと、3つ子の弟たちがやたらとカワイイ、というお話。
え?
いやもうさすがディズニーと言うか、さすがピクサーと言うか、キャラクター作りがホントに上手いんだけど、3つ子の弟を登場させたのはキャスティングの妙ですよ。
キャスティングって言うのか?それ。
あの子たちが出てきたおかげで、随分と演出も拡がったし笑いも増えたと思うんですよね。
なんかもう、知った風な話しぶりでイラっとするわ。
あと特筆すべきは、映像。ピクサー作品は毎度毎度、こんなに凄かったっけ?って思うんですけど、今回も映像には度肝抜かれましたね。
へぇ。
特に、滝の水の流れとか、クマの毛並みとか、シャケ狩りとか、実写なんじゃないか?いや、実写だろ。って思っちゃいますよ。
まぁ映像のクオリティの高さはな。もはや、な。しかも別にそこをウリにしてないところが憎いよな、ピクサー。
そうそう、「そんなの当たり前だから、コンテンツで勝負するからウチは」みたいな。カッケーなぁ。
っていうかそれ、完全にオマエがそう思ってるだけだけどな。
えー、でも絶対、中の人たち、そういう感じだと思うんですよね。
うん、まぁ、じゃなきゃ毎回、あんな良い作品ばっかりリリース出来ないしな。
そうですよ。
ってわけで、本作も、映像やキャラクターを堪能しつつ、ちょっと怖かったり笑えたりホロっときたり、楽しめる映画でした!