ぼや記

テキストサイトからBlog化しちゃった、ただの備忘録日記です。すいません。

【たか散歩】Vol.10

こんにちは、ボクです。

今日は久しぶりのあのコーナー。
あなたの町を次から次へと渡り歩き、その町の隠れた魅力を掘り起こしていく超絶大人気シリーズ「たか散歩」。

初回が最終回かと思っていたら、皆様の熱烈なる声援とファンレターをたくさん(夢の中で)いただいたおかげで記念すべき第10回を迎えることができました。

さて、そんな記念すべき回に訪れたのは、こちら。
渋谷区




渋谷区です!



どこの?


赤字黒字

どこかの法人営業部からのお知らせです。
肝心の、どの会社の法人営業部なのかは、電話してみないとわかりません。
だから赤と黒は反転させなさいって言ってるのに、もう、言わんこっちゃない。

渋め系


渋い

自ら「渋め」と名乗っちゃってます。
本当にシブい人ってのは自ら「渋め」とか言わないと思うんですけどね。
ちょっと恥ずかし目ですね。ぷぷぷー。

相談していいのかどうか


どっち

明治通り沿いにある、こちらの無料素材をふんだんに使っている看板で有名な会社さんですが、気軽に相談していいのかどうか、いまいち確信が持てません。

ミスチルからお祝い?


MrChoripan

さすが富ヶ谷。
お店をオープンするとミスチルからお祝いが届くんだ!

とビックリして近付いてみたら


MiChoripan
Mi Choripan

ウチの近所にあるチョリパンの店だった。

自転車用なんだけど


自転車かわいそう

グレーの部分が自転車用の通行帯。
これ、どう走れっちゅうねんww

ボクもクロスバイク乗り(だった)だけに、ロードやクロスに乗りながら、歩道を我が物顔で走行したり、平然と信号無視したり、人や車の間をすり抜けて走るようなバカどもはホントに心底死ねばいい、と思うけど、これはさすがに自転車が可哀想すぎる。

ちなみに自転車の走行については、ちょっと古いけど
東京が最悪である象徴「新虎通り」の(週刊 自転車ツーキニスト567)
とか、
【シリーズ1】舛添東京都知事が根本から勘違いしていること、の574号
のシリーズがとても分かりやすいので、なぜ自転車が歩道を走っちゃいけないのか、とかが不思議な人は一通り読んでみよう!

なんか多い


一本多い

ウチの近所にある個人商店の靴屋さ・・・靴・・・

え、何屋さん?

こんなところに


目を細めて見てみてください。
アイツが見えてきませんか。
R2D2




そう、アイツです。



r2d2_h
アーイツー・デースー



おまけ


ここ2ヶ月ぐらい?ハマりまくって毎日通っているTO.MO.CA COFFEE
深煎りされた豆から抽出されるエスプレッソがベースのマッキアートは毎日飲んでも全く飽きない。
夜は、晩ご飯を食べ終わった後にちょっと立ち寄って、カフェコレット
tomoca
iPhone 6Sで撮影

しかし、こんなに毎日通うほどハマるとは自分でも思わなかった。
コーヒーにハマりついでに、グルメな友人オススメのコーヒー・ミルまで買っちゃった。
ザッセンハウス・ミル ラパス MJ-0801
これが届いたら、自宅でトモカコーヒーの豆を挽いて飲むんだ!
そして、今月はなんだかんだと支払いが多くてヤバイことなんて、すっかり忘れるんだ!

まぁ、なんか話が変わってきましたが、代々木上原にお寄りの際は、ぜひ一杯。



今日はここまで。
次回は、お気軽にあなたの町に行くかもね?!

ギャラクシー街道3

スマホの方はこちら

よぉ。今日はあれか、ついに「ファンタスティック4」か。
いや、まだ観に行けてないんですよ…。ジェシカ・アルバじゃなくなっちゃったし…。
それ…懐かしいな。
というわけで、今日は三谷幸喜脚本・監督「ギャラクシー街道」です。
お、三谷作品か。
一応、今までの映画は全部観てますからね。で、まぁ、あのー、特に張り切ったわけでもないんですが・・・
なんだ?
公開初日の朝一の上映を、渋谷で観まして。
超張り切ってんじゃねぇかw
いや、たまたまなんですよ、朝一でサクッと観て、午後は別の用事を済ませようとチケットを取ったら、たまたま初日の一発目…。
へー。まぁ別にそこ、そんなに興味ないけど。
でもね、聞いてくださいよ。知らなかったんだけど、その後、日比谷の映画館で監督と主要キャスト勢揃いの舞台挨拶がありましてね。それが全国の映画館に生中継!
マジか。
いやー、豪華な顔ぶれでしたよ。綾瀬はるか、可愛かったなぁ…。
っていうか、早く映画の話をしろよ。
あ、すいません、そうでした。
まぁ、あの、平均的な三谷コメディーでしたよ。
なんだそれ。
なんていうかこう、1つの舞台の中で、まぁ今回は宇宙にあるハンバーガーショップですけど、その中のアチコチで起きる小さな人間模様を描きつつ。
ふむ。
その中でクスッ…っていう笑いが散りばめられつつ。
ふむ。
最後にアチコチでバラバラに進んでた話が、とあるキッカケでグワァッと1つに繋がり。
ふむ。
いろいろあるけど、やっぱりなんか頑張っていこうね!っていう希望を持たせるエンディング。
あぁー、THE 有頂天ホテルみたいな感じか。
そうそう、まさに。
映画というか、舞台に近いですね。セットを転換しつつ話が進んでいくっていう。
なるほどな。
とりあえず、観終わって「あー、なんか平和ー。おもろかったー。さて、」という感じですかね。気楽に観れるというか。
なんか、軽いな。
だってもう、設定とかぶっ飛んでるし。でもまぁ、細々と笑えるネタが仕込んであって、「こんな豪華キャスト使って、こんだけフザけた映画つくれるのは、三谷さん以外いないよな」と感心しますよw
確かになw
一番笑ったのは、キャプテン・ソックスのところかなぁ。あそこは結構ツボったw
小栗旬だな。
あとね、元AKBの秋元才加っていたじゃないですか。あの娘が、意外に芝居がうまくて、普通に女優さんでビックリしました。
ほぅ。
ちょいちょい、犬の散歩してる三谷さんとすれ違うので、ぜひ5つ星で絶賛したいんですけどね、まぁ、3つぐらいがいい感じだと思います。
ふw
本人を目の前にして言ってみろよw
ムリムリムリ。でも、人差し指は、ゆっくり差し出してみようかなw
映画観てないと分からないネタはやめろ。
慎吾くんファンの方、街で慎吾くんに出会ったら、人差し指をゆっくり出そう!じゃあね!
おい、ぜんぜん話が締まってねぇぞ…。


ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

カンケーないけどオマケ。
ファンタスティック・フォー:銀河の危機 [Blu-ray]

今回のファンタスティック4(2015版)は早くも渋谷・六本木で公開が終わって、おそらく観に行けない…

オリジナルTシャツ販売開始のお知らせ

こんにちは、ボクです。

先日、第一報としてお伝えしていた通り、超絶大人気の当ブログ公式LINEスタンプ「こんにちは、ボクです」のオリジナルTシャツがいよいよ販売開始となりました。

以下、報道発表文(妄想)からの引用です。

人気LINEスタンプ「こん(中略)です」のオリジナルTシャツを販売開始

月間1万アクセスを誇る絶賛大人気ブログ「ぼや記」は、大好評発売中の公式オリジナルLINEスタンプ「こんにちは、ボクです」で社会現象的人気キャラクターである「スター」が着用しているTシャツを、渋谷の流行発信基地であるぼや記公式ショップ「ぼや記広告社」にて独占販売する契約を締結し、本日より販売開始いたしました。

限定先行配布したTシャツの着用者からは以下のような喜びの声が届いています。
「大好きなミュージシャンのライブに着ていったら、なんか浮いた!」
「選挙にこのTシャツのペアルックで行ったら二度見された!」
「でもディズニーにこのTシャツのペアルックで行ったら、意外と馴染んだ!」
「IKEAに着ていったらうっかり20万円ぐらい使っちゃった!」
「ジムで、いつも持ち上げてるバーベルを、いつも通りの重さで持ち上げることができた!」
「夜のメニューの仕込みの際に、汚れを気にしないで良くなった!」
「湖畔でのランニング後に脱いで、そのままどこかになくなった!」
「っていうか人気ブログって言えるのは、月間10万アクセスからだよね!」
「月間1万アクセスだと、やっと『脱・ビギナー』というところですかね(参考)』

このように多くの体験ユーザーが成功と興奮をその手にしています。さぁ、あなたも今すぐ最善で最高のTシャツを手に入れ、不要な心配や、あなたの心を疲弊させる悩みから解放されてください。

発売日:2015年10月14日頃
価格:3,300円(送料および税込)
販売:ぼや記広告社
販売期間:2016年3月頃まで


ぼや記広告社では初の物品販売となりますが、今回の試みについて担当者は
「季節はすっかり秋。肌寒さを感じる日々となり、Tシャツ1枚で過ごす人がいなくなる今の時期だからこそ、あえてTシャツで勝負したい。きっとこのTシャツを購入した人は、寒空の下、このTシャツ1枚で外に出て、その様子をInstagramすることでしょう。それらは連携するFacebookを介して瞬く間に世界中にシェアされ、その写真はPinterestで多くのピンを集めます。その頃にはライセンス提携が終わっているであろうricoriの店頭販売と絡めたオムニチャネルの展開によりコンテンツマーケティングを効かせたオウンドメディアの相乗効果とプログラマティックバイイングによりウェブルーミングは前年比250%増となる見込みです。そう、これは一種のEC革命です。」
と鼻息荒く意味不明なこと長々と語っています。

また同担当者によると、「このTシャツを店頭にて販売してくれる店舗様を大至急探しております。店頭販売しても良い、店内にスワローズのユニフォームと並べて飾ってもよい、店の制服をこのTシャツにしてもよい、という店舗様は、アパレル、飲食、不動産、家庭教師、ネオヒルズ族等、職種を問わず大至急、伝書鳩でご連絡ください」とのことで、販売初日から狼狽した様子を見せています。

さらに、今回の発売を記念して「BE THE STARキャンペーン」を開催するとのことで、最高にイラッとくるポスターが届きましたが、キャンペーンだからといって、特に何か特典等があるわけではないようです。
BE the STAR


それでは最後に、筆者の手元に送られてきた写真をご紹介して結びとさせていただきます。

shop3
楽しそう!


おまけ


完全先着順で何名様かには、このチラッと見えてるアレをプレゼント(同封)します。
チラリ

アレっていうか、まぁ、シールですね。
調子のって作っちゃった。

注文状況によって、お一人様あたり20枚ぐらいシールが同封されている可能性もあるので、その辺も覚悟の上でご注文ください。
(ちなみにこのシールはMac Bookにしか貼れません。気持ち的に)

それでは、お待ちしております

【10/23まで】&TOKYO風ロゴメーカー

こんにちは、ボクです。

あのね、もうね、いい加減にしてくれよ。
こっちだってヒマじゃないんだよ。

またパクって炎上してんじゃないよ、まったく。
(以下リンクはすべてnetgeekさん)

オリンピックに向けて1億3千万円かけたロゴ、速攻でパクリが見つかる。デザイナーは五輪エンブレムで炎上した博報堂の永井一史

【炎上】東京五輪の「&TOKYO」のコンセプトがGoogleアンドロイドの「And you」のコンセプトと酷似

1億3000万円かけたオリンピック東京都ロゴ、全く同じものをニュージーランドの弁護士事務所が使っているのが見つかって終了


アンタらがこんなことばっかりしてるから、こっちだって、また慌てて準備しないといけないでしょうが。
まぁ、基本的にほぼ丸々前回のサノリンピック・ロゴメーカーのパクリ…いや、コピペだからいいんだけどさ。

&TOKYO風ロゴメーカー

&TOKYO風


もう皆まで説明せんわ。


あのさ、もうさ、次にロゴ作る長嶋りかこさん辺りはさ、先にnetgeekの人にパクリ調査を依頼してから提出したらいいんじゃないかな。




というわけで、例によって怒られたら閉鎖しますが、毎度、怒られるほどには広がらない平和な感じなので、ごゆるりと遊んでってください。

マイ・インターン5

スマホの方はこちら

最近、よく会うな。
やっと映画を観に行くペースも戻ってきた感じっすね!というわけで「マイ・インターン」観てきました!
おぉ、あの話題作。どうだったんだ?
いやぁ、いい映画を観たなぁ・・・
なんだよ遠い目して。
もう、「ずっとこのまま観続けていたい」って思いましたよ、久しぶりに。
ほほぅ。
隅々まで丁寧に作られた映画で、女性監督ならでは、という感じですね。
前回観た映画が雑だったけに、余計にそう思うのかもなw
いやいや、それはもう記憶から消えてるので、純粋に、丁寧ないい映画ですよ!
そういや5つ星って最近では珍しいもんな。いや、そんなことねぇか?まぁどっちでもいいけどな。
なんかポスターとかは女性向けな感じで、ちょっとチックフリックな雰囲気はあるんですけどね。
確かに、女子向けっぽい感じだな。
実は全然そんなことなくて、男性でも十分に満足できるはずですよ。
なんか、社長であるアン・ハサウェイのところに、インターンとしてデ・ニーロがやってくるんだろ?すごい設定だよなw
まぁ、リタイアしたけどやる気のあるシニアの方に働いてもらって、社会貢献!みたいな。あと、そういう人に入ってもらうと、会社組織にも良い効果が出る、とかで。
なるほど。そういうのがあるのか。
という、社長の右腕的な役員からの提言で、通常の若いインターンに加えてシニアのインターンも2名、アン・ハサウェイ率いるEコマースのスタートアップ企業にやってくるわけですよ。
それで、デ・ニーロがアン・ハサウェイの下に付くんだな。
はい。でも、起業して1年そこそこで社員を10倍にしちゃうようなバリバリと働きまくる彼女としては、「なんでそんなトロい爺さんを…」と、あからさまに彼を遠ざけるんですよね。
その気持ちもわからんではないけどなぁ。
時間の節約のため!と社内を自転車移動して10分刻みで打合せをこなしていくような人なんでw
すげぇな、それw
ちゃんとまわってたら、すげぇなw
そこなんですよ〜。とにかくガムシャラにスピード感を持って仕事するんですけど、社長の進め方と会社の規模にミスマッチが出始めてきている、と。
おぉ、なんかTech系メディアのスタートアップ関連記事でよく目にするような内容だな。
それで、創業者であるアン・ハサウェイには一旦降りてもらって、外部からCEOを迎えよう的な動きが始まるわけです。
なんと。全然、女子向けな内容じゃねーなw
はい、題材的にはホント、マーク・ザッカーバーグを描いた「ソーシャル・ネットワーク」ですよ。
だよなw
ただ彼女は、マークのような天才でもなく、プラダを着た悪魔のメリル・ストリープのような完璧に仕事を進めていくタイプでもなく、とにかく情熱と努力と根性を注ぎ込んで成功したタイプ。
それはそれでスゴイけどな。
で、幼い子供もいるし、仕事を辞めて家庭に入った夫もいる。
マジか。
というわけで、家庭側にも、よくある小さな問題から、とても大きな問題までを抱えていたりするわけですよ。
大変だなぁ。
家庭の問題を何とかするために、自分が作って育てた会社を他の人に譲るべきなのか、どうなのか…!
厳しい問題だなぁ、それ。
そこで存在感を増してくるのが、最初は追いやられていたデ・ニーロ。
なるほど、見えてきたぜ。
決してでしゃばるわけではないけど、若いスタートアップ企業において、「お父さん」のように安心感のある存在。
なんか分かるなぁ。
最初は皆からお爺ちゃん扱いされてるんだけど、若い同僚インターンや隣の席の若い社員も次第になついてくるわけです。
ふむふむ。
そして現役時は印刷会社の部長だった彼は、どこでも通用する普遍的なビジネススキルを身に付けているし、実際に身に付けているネクタイや鞄なんかも「クラシック」でカッコイイ。
いいなそれ、カッコイイ。
持ち物といい、住んでいる家の落ち着く内装や家具といい、男性なら「ああいう大人になりたい!」と思うに違いないっすよ。
ザ・大人の男ってわけだな。
大人の男って言うか、、なんか、、頼りがいのある優しいオジサンなんですよ。
いやらしさがないワケだな。ステキだ。
で、奥さんとはもう死別しちゃってるんですけどね、「きっと素晴らしい夫婦生活をおくってきたんだろうな」というのが、彼の普段の言葉の端々から感じられるわけですよ。
くぅ、憧れるぜ、そんな男性、男だって憧れるぜ…!
マジで憧れるっすよ、あんな70歳!
んで、アン・ハサウェイは結局どうなるんだ?
それはもう、ちゃんと映画館に行ってご自身で見守ってやってください。
えー。
なんというか、プラダを着た悪魔の現代版完結編というか、とにかく満足できる映画でした!あと、オーシャンズ11を何となく観てると、ちょっと楽しいかもw
え、どんな繋がりだよ…。仕方ない、気になるからちょっと観てくるわ。
あ、待って、ボクももう1回観に行きたいっす〜

プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]
オーシャンズ11 特別版 [DVD]

ピクセル2

スマホの方はこちら

オッス。またオマエか。
いやー、しくった。いや、しくってはないんだけど。
なんなんだよ。
ピクセル」観てきたんですよ。
それが何で、しくってんだよ。
なんか、思ったよりも全然面白くなくて…。
マジか。題材的に結構おもしろそうなのに。
いや、着想はとても良かったと思うんですよ。
予告編だと、初めて観る感じの映像とかで、良さそうだったけどな。
そうですね、今までにはなかった「現実社会をピクセル化」というのは、単純に面白かったです。
着想がよくて、映像も面白いのに、映画としては面白くなかったのか…。
登場人物のキャラクター設定とか、世界観とか、ストーリー自体とかが荒いというか雑というか。
雑…ってヤだなw
なんか、現実世界の中の人物…特に大統領の設定があまりにも「それはないわ」っていう感じで。
ほぅ。
そもそもが現実離れしたシチュエーションの話のところへ、ありえないキャラ設定が来ると、もう学芸会としか思えなくなっちゃって。
そんなにあり得ない大統領なのか。
主人公の幼馴染が大統領になってるんですけどね、これがもう、誤解を恐れずに言うなら「田舎町の町長」レベルの人間で。
町長ってw
いや、村長かなぁ…。かつては天才的ゲーマー少年、今ではしがない電器屋になった主人公と、普通に安いレストランで一緒にご飯くったり、一般人の主人公を大統領執務室に呼んだり…。ムリがありすぎる…。
なんでもいいけどオマエ、全国の町長と村長を敵にまわしたよね。
いや、もちろん立派な方々が多いとは思いますけど、やっぱり町長とアメリカ大統領が同じな訳はないじゃないですか。
うん、なんかこの議論、誰も幸せにならないからやめようか。
でまぁ、別に最初から「ポップコーンムービー」として、友達と喋りながら観るなら全然楽しい映画だと思うんですけどね。
笑えるシーンも多そうだしな。
あぁ、わかりやすく笑えるシーンは多いですよ。でもどっちかっていうと、「元を取るために、そんなに面白くないけど笑っておこう」って感じ?
酷評だなw
なんでセリーナ・ウィリアムズ出演したんだろう…
え、セリーナって、あのテニスの?
そうですよ、セリーナ・ウィリアムズとして出てますw
なぜw
でも面白くない、という割には★2つ付けてるな。
そりゃまぁ、パックマンとかドンキーコングとか、日本の名作ゲームが舞台になるし。
生みの親、故・岩谷徹さん役も出てくるんだろ。
はい、まぁリスペクトはしてるんでしょうけど、ギャグキャラ的な感じでしたけどね。演じたデニス・アキヤマさん、どっちかって言うと宮崎駿さんだったなぁ…。
マジかw
ご本人もカメオ出演してるらしいんですが、気付きませんでした…。
でもまぁ、結構、有名な俳優もたくさん出てるんですけどね。ロード・オブ・ザ・リングとかボーン・アイデンティティとかに主要キャラで出てるような人たちが。
名優と呼ばれる人たちも、たまには軽い映画に出たくなるって言うしな・・・。知らんけどな。
あと、ミシェル・モナハンが美人。
結局そこか。
彼女の役どころは良かったですよ。あとは、元・天才ゲームキッズ、ラドローを演じたジョシュ・ギャッド。アナ雪でオラフを担当した俳優さんですね。
へぇへぇへぇ
なかなかオタクっぷりがハマり役でした。
まぁ、そんなところかなぁ。
とりあえずそうだな、オマエの感想的には映画館で金出してまで観るほどではないかもな。
しくりましたよ〜。でも、しくってないんですよ〜。
最初も言ってたけど、なんなんだよ。
いや、実は先日ついにTOHOシネマズの会員証を作ったら、キャンペーン期間中だったらしく、無料鑑賞券が送られてきたんで、タダで観てきたんすよ。
マジか。タダで観てきて酷評するって、エグイなオマエ。
いや、金払って観てたら、★1つですよ。
言うんじゃなかったぜ…。


パックマンのゲーム学入門

機動戦士ガンダム展に(結構前に)行ってきた

こんにちは、ボクです。

もちろん皆さん、行きましたよね。
昔、子供だった人なら行く義務がありますよね。
ガンダム展」。
結構前になりますが、もちろんボクも行ってきました。


パンフレットのデザインも素敵です。
表紙
中身
背表紙
背表紙もオシャレ

ところでわかりました?このデザイン。
アムロが第1話で見ていた極秘ファイル、そうガンダムの資料ファイルのデザインになっています。
これだけでもうアガるぅ!

いよいよ入場…いや、搭乗


まず入場すると、最初にホワイトベースに搭乗します。
艦内でブライトやミライ、セイラ(皆んな、ボクより年下なので呼び捨て)と一緒に、そして艦外でガンダムに搭乗してシャアと戦うアムロと共に、大気圏へ突入・・・というストーリーをパノラマスクリーンで楽しめます。
ホワイトベースに乗り込んでいるような体験ができ、一気にテンションが上がってきます。

そして会場へ入ると・・・

アニメ原画や劇場版ポスター等の原画が鬼のように、まさに鬼のように展示されていて、幼少の頃からガンダム(とビックリマン)の絵ばかり描いて、ガンプラ(とゾイドとミニ四駆)を組み立てたり改造しまくったりして育ったボクには、本当に夢のような世界。

盛りだくさんの原画を眺めて歩きながら、途中、「あ、これ何のシーンだっけな…」というところがあっても大丈夫。
しばらく待っていると何人かに一人、ガンダムオタクがやってきて、友達や彼女に「あー、これこれ、俺ここが何気に一番好きかもしれない、これさ、『ポケットの中の戦争』の時にベラベラベラベラ」と詳細な解説をしてくれます。

そんなわけで、気付いたら1人で2時間いました。

太っ腹な撮影OKコーナー


で、この展示会はなんとも太っ腹で、写真撮影をしていいコーナーに展示してあるアイテムのボリュームが凄すぎる。
とりあえず、バンバン貼りますわ。

まずは百式…っぽいガンダムがお出迎え(提供:田中貴金属)。
百式


展示コーナー
壁一面。

展示コーナー風景
無我夢中。

シャア
シャア専用シリーズ

連邦軍
ジムもかっこよく描かれて嬉しそう

ガンダム内部
こういうの激萌え

そして、写真だと伝わりにくいんだけど、特殊なフィルム越しに見るガンプラのジオラマ。
ほんと、写真だと迫力が1/100ぐらい激減しちゃうんだけど、何時間でも見てられる…
ガンプラ_赤い彗星

ガンプラ_グフ

ガンプラ_三連星

ガンプラ_ズゴッグ他

ガンプラ_ホワイトベース

ガンプラ_ビグザム

ガンプラ_エルメス

ガンプラ_ラスト


そして・・・・
ガンダム
等身大(たぶん)ジオラマ

ガンダム3
人と大きさ比較

ガンダム2
持って帰りたい…


グッズ販売エリアでもらえるパンフに萌える


展示エリア最後では「最近の」ガンダムについてズラっとガンプラや解説が並び、最後に今後公開される機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシアの予告編が大型スクリーンで上映され、終了。

そして展示エリアを抜けるとグッズ販売ゾーンへ突入!
そこで最初にもらえるパンフレット。一部ご紹介。
ガンプラ表紙

ガンプラHistory

ガンプラ一覧


(*´д`*)ハァハァ



もう買おうかどうしようか、散々迷いましたよ・・・









これ。
エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO 機動戦士ガンダム セイラ・マス 約1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア



まぁ、冗談ですが、自宅にまだ組み立ててないガンダムがいるので、今回は超絶我慢して何も買わずに帰ってまいりました…。

ただ、これは買って損はない。
ガンダム原画集。
安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

中身をチラ見せしますと、
原画集中身2

原画集中身


はい、もう終わり!

まぁガンダム好きな人には、語らずとも上記の写真を見てもらえれば、どのぐらいワクワクする内容なのかは伝わると思います。
今回の展示で飾られていた安彦良和さん制作の膨大なアニメーション原画が網羅されています。
これは絶対に買って損はないですよ!
(ちなみにボクは、プレゼントしてもらったんですがw)
安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」



まとめ


企画当初の「これじゃない感」満載のガンダム原画などもチラ見せされている公式HPのみどころを見て、ちょっとでも「あ、観てみたいな」と思ったら、迷わず六本木ヒルズへGO!


ただし、今日までだけどね!


サノリンピック振り返り

こんにちは、ボクです。

皆さん、覚えてますか?
東京オリンピックのエンブレム問題!

その後の安保法案のゴタゴタや、痛ましい事件のインパクトが大きくて、随分と過去のことのような感じがしますが、まだ佐野氏が件(くだん)のエンブレムを取り下げて1ヶ月も経っていないんですよね。
そう、まだあれは今月の話・・・マジか!
いやー、なんだかすっかり忘れてしまいましたねぇ…。

それを裏付けるかのように、Googleトレンドで「佐野研二郎」をひいてみると、9月1日をピークにそれ以降激減しています。


大々的に行われた公開裁判が、「クリエイター/ディレクターとしての社会的信頼失墜の刑」の執行によって完遂された、という感じでしょうか。

ちなみに「東京オリンピック」でトレンドを追ってみても、(当然ですが)同じような線を描きます。


でも、本当に真剣にエンブレム問題について皆んなが騒いでいたのなら、「東京オリンピック」のトレンド曲線は、せめて緩やかに推移してほしいところですけどね。むしろ、エンブレム問題発覚前より減っちゃってますけどね。
こうなると、国民全体で、ただただ佐野研二郎氏をよってたかってフルボッコにするのを楽しんだだけになってしまう・・・。

まぁ、ボクも率先して楽しんでましたけどね!
【9/10まで】サノリンピック・ロゴメーカー

というわけで、9月10日以降も、寛大なロリポップサーバー様によってしばらく公開されていたこちらのサイトですが、ついに無料期間が終了し、その使命を終えました。

遊んでいただいた皆さま、ありがとうございました!
thankyou


さて、ようやく事態が落ち着いたところで、今回のエンブレム問題について非常にわかりやすい説明をしてくれている記事がありますので、そちらを紹介させていただき、サノリンピック・ロゴメーカーに終止符を打つといたしましょう。

よくわかる、なぜ「五輪とリエージュのロゴは似てない」と考えるデザイナーが多いのか?
(この記事を書かれている深津氏は我々の業界では有名な方で、非常にわかりやすいのでご一読をお勧めします)


そしてもう一度、東京オリンピックについて(も)皆んなで一緒に考えていこうぜ!
東京五輪エンブレム問題(朝日新聞デジタル)

#しかし次のエンブレムのハードル、果てしなく高いよね!

theend

アントマン3

スマホの方はこちら

よぉ、最近またよく会うな。
ボチボチ時間が取れるようになってきて、やっとまた映画も観に行けるようになってきましたよ〜。前みたいに平日に行けないのがツライですけどねぇ。
サラリーマンじゃねぇんだし、平日はしっかり仕事してろ。この甘ったれが。
ヒ、ヒデェ…。くそ、ボクにもあのスーツがあれば、ネズミ先輩なんて…
アイアンマンのスーツか、あれはまだ当分無理だ。
いや・・・蟻のように小さくなれる、アントマンのスーツですよ!!
・・・余計に無理だろ。
えぇ!?でもピム博士は1960年代に既にピム粒子を発見して、自らアントマンとしてKGBと戦っていたんですよ!
あのな、ミノフスキー粒子(注:ガンダムの世界で登場するレーダーを無効化する物質)だって存在しないだろ?
え、えぇ!?じゃ、じゃあボクは、ニュータイプじゃないんですか…!?
なんの話だよ…っていうかフザけてないで早くアイアン…じゃなかった、アントマンの話しろよ。
はーい。
これはまぁ、なんて言うか、アベンジャーズのスピンオフ的な位置づけで。
MARVELはもう、なんでもかんでもアベンジャーズだな。
でもアベンジャーズみたいな「重さ」はなくて、軽いジョークタッチで描かれている感じで。
そうなのか。まぁ、直訳したら蟻男だもんなぁ。
それを言ったらアイアンマンだって「鉄男」ですけどね。
だせぇw
そんな感じで、笑えるシーンがとても多いザ・ポップコーンムービー、という感じではあります。
なるほど。
そんなポップコーンムービーを、ただのポップコーンムービーで終わらせないのが、マイケル・ダグラスの存在。
え、マイケル・ダグラスが出てんのかよ!
はい、知らずに観に行ったからボクも超ビビったw
いやそれはスゲェわ。
彼の存在によって、ジョークなノリになり過ぎず、世界観をグッと絞めてくれてるんですよ。
さすがだな。
ストーリーも、親子愛や人間的な成長、そしてMARVELではお馴染みのマッドサイエンティストによる社会への正義の問いかけ等が絡み合いながらテンポよく進んでいきます。
ほほぅ。
映像的には、普段見ている日常を蟻の視点から見る、という点ではとてもユニークで面白いんだけど、虫が苦手な人には結構地獄な映像が多いですね…。
そりゃそうだろうな。
スクリーンいっぱいに蟻のアップが映ったり、蟻の大群が登場したり。
虫嫌いにはツライな…。
アベンジャーズとの接点という意味では、ファルコンがまぁまぁたっぷりと登場します。ファルコンVSアントマンのシーンもあったり。
ファルコンって、あれか、背中の翼で飛ぶヤツか。アベンジャーズ2の最後のシーンで招集されてたな。
そうそう。スタッフロールの後には、キャプテンもチラリと出演して、毎度のことながら次回作に向けてのネタ振りシーンがあります。
スタッフロールが終わるまで帰れないな。
あと、油断してるとスタン・リーは結構後半に出てきますのでお気を付けをw
また出てくんのか、あのジジィは。
いやぁ、彼がいないと生まれてこなかった世界ですからね、アベンジャーズは。
しかし出たがりだよなぁ。
あとピム博士の娘、ホープ役のエヴァンジェリン・リリーも魅力的だったなぁ〜
美女がいないと、蟻だらけの画じゃキツイしな。
というわけで、次回作も決まっているので、アベンジャーズシリーズが好きな人は、虫が苦手でも観ておいた方がいいかもね!


アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

キングスマン4

スマホの方はこちら

よぉ。
こんにちは、ボクです。
なんだその挨拶。
いや、ボクもちゃんとこうやって挨拶しないと、ブランドとしての統一感がなくなって皆さんが混乱するかな、と。
しねーよ。っていうかオマエにブランドとかねーよ。
そうでした・・・ボクはその名を知られることすらなく活躍するタイプでした…「キングスマン」のように…!
ムリヤリ持っていったな。
というわけでスパイアクションムービー、キングスマンを観てきました。
だろうな。
いやぁ、おもしろかったですよ。まず話の筋が良かった!
スパイものはそこがしっかりしてないとな。
もちろんそうなんですが、普通のスパイものの倍ぐらいの濃度がある展開で。
意外と濃いな。
コミックが原作ってことで、ギュッと脚本を詰め込んだのかもしれませんね。
謎のセレブ誘拐事件を追いかける話と、主人公である落ちこぼれた若者エグジーの成長が同時進行で進むんですよ。
なるほど。
展開スピードは結構速いんですけど、しっかりついていけるし、集中力も途切れることなく観れましたよ!
監督の腕がいいんだろうな。キック・アスの監督だな。
はい、だからアクションシーンも、カメラワークと音楽でちょうどいい具合にスタイリッシュで。
いやオマエ、キック・アス観たことねーだろ。
あ、バレました?(笑)
でも俳優陣も超豪華で。
だってオマエ、あの英国王のスピーチのコリン・ファースだろ?
そう、まったく180度真逆のキャラクターだけど、ジェントルなスパイ役がドハマリで。
そういうの合いそうだよな。
しかもダークナイト等のバットマンシリーズや、インターステラー にも出てる名優マイケル・ケイン、マーベルでもおなじみサミュエル・L・ジャクソン。
それだけでもスゴイな。
若い主役のタロン・エガートンは、クリスチアーノ・ロナウドにブルーノマーズの愛嬌を足して2で割ったような感じで、キャラクター設定にピッタリの好演でした。
モテそうだな。
モテるタイプでしょうねぇ…。チッ!
チッ!ってオマエ、おっさんがハリウッドスターと張り合おうとすんなよ。
まぁでも、スパイガジェットもスタイリッシュで、でもどことなくトラディショナルな雰囲気でかっこよくてですね。
スパイものといえばガジェットは命だもんな。
特に傘が印象的なんですけど、ちょうど観に行った日が雨で、ボクも傘持ってたもんだから、なんていうか帰り道、一人で「その気」になってましたよね。右手で軽く放り投げて、左手でバシっと受け取って持ち替えたり。
小学生かよ。
いえ、違います。
そういえばネズミ先輩、キングスマンみたいな格好してますよね。ネズミ先輩こそ…
はぁ?俺の方が先にこのスタイルだっつうの。
はいはい。で、ただ注意点がありまして。
なんだよ注意点って。俺の方が先だってことは譲らねぇぞ。
あ、その話、もう終わってます。
この映画、CMとかの予告編だと結構コメディ色が強そうな感じじゃないですか。
知るか。
ちょっと拗ねないでくださいよ。でね、そういうコメディ系の感じかなぁ、とか思って観に行くと、結構痛い目にあうのでご注意を。
え!そうなのか。
たぶん原作のコミックをバッチリ映像化してると思うんですが、なんせ人が死にまくるのと、それをしっかり描いちゃうので、コミックタッチとはいえ観ててなかなか疲れるかもですね…。
なるほどな。
ただすごく印象的な映像にはなってるんで、マンガと割り切って観ると良いかもですね。
それが良さそうだな。
でも観終わって映画館を出るとき、後ろにいた大学生ぐらいのカップルが「あの花火みたいに破裂するヤツ、最高だよね!」「教会のシーンとか、もう超カッコイイ!」とか興奮してて、コイツらイカれてるなぁ、と思いましたけど。
マジか。
まぁ、ひょっとしたらですけど、ボクがもう、歳をとってしまって、「カッコイイ」の感性が若者とは違ってしまっているのかも、しれないですけどね。
なに言い訳してんだよオッサン。違ってるに決まってるだろオッサン。
ゲゲー。
まぁそういうわけで、これから観に行く人は気を付けて〜!